事務職におすすめの派遣会社ランキング【388人へ口コミ調査】

2024.02.29

事務職におすすめの派遣会社

  • 事務職をしたいけど、へんな派遣会社にあたって失敗したくない
  • 派遣会社ってたくさんありすぎて、どこを選んだらいいかわからない

事務職をするうえで「どの派遣会社がいいんだろう…」と迷ったら、実際に利用した人の感想を聞くのが一番です。

担当者の対応によって、またそれぞれの感じ方によって派遣会社への印象は違ってきますが、多くの人がよいと感じる派遣会社は、ハズれる可能性が少ないからです。

当記事では、派遣社員として事務職を経験した388人の口コミをもとに、事務職におすすめの派遣会社をランキングにしました。

事務職ランキング キャプチャ

「どんなところがおすすめなのか」リアルな口コミも紹介しているので、派遣会社選びに悩んでいるあなたにきっと役立つはずです。

アンケート内ではあわせて「事務派遣で人気の職種ランキング」や「事務職に役立つスキル&資格」も聞いているので、ぜひ参考にしてみてください。

最後には、事務職におすすめの派遣会社の選び方についてもご紹介。

記事を読み終わる頃には、事務職で登録するべき派遣会社が明確になっていることでしょう。

事務職におすすめの派遣会社ランキング【388人へ口コミ調査】

ではさっそく、経験者388人が選んだ事務職におすすめの派遣会社を回答数が多い順にランキングで紹介します。

事務職ランキング 派遣会社

なおランキングは、「事務職や派遣に関する独自アンケート調査(※)」「求人数」「サポート面の充実度」「サイトの使いやすさ」なども元に作成しています。

【1位 テンプスタッフ】利用者からの評価が高い

事務職の経験者388人が選んだ派遣会社、第1位はテンプスタッフです。

テンプスタッフは、「担当者の対応のよさ」に定評があります。

様々な口コミサイトを見ても、テンプスタッフの悪評はほとんど見かけません。

当メディアが行ったアンケート調査でも「おすすめ派遣会社総合ランキング」「担当者の対応が良い派遣会社ランキング」ともに、1位を獲得しています。

全求人の約6割(※)が事務職のお仕事なので、一般事務から金融事務、旅行事務、貿易事務などさまざまな業種・職種から選べますよ。

「未経験OK」の求人も豊富なので、事務経験のない方でもできる仕事が見つかりますよ。

※求人調査日:2023年9月29日)

■テンプスタッフの口コミ

  • 担当さんは相談をするとすぐ動いてくれたし、派遣先との交渉がうまかった
  • 担当者の方がよく会社に顔を出して、困ったことはないかと気遣ってくれた
  • 初めての事務職だったが、派遣先の環境や必要なスキルなどをよく比較した上で薦めてくれたので安心だった
〔出典〕独自アンケート調査
テンプスタッフの基本情報
運営会社名 パーソルテンプスタッフ株式会社
対応地域 全国(北海道~沖縄まで)
労働者派遣事業許可番号 派13-010026
登録・面談方法 WEB・電話・来社と好きな面談方法を選択可能
交通費 月額上限3万円(週5日もしくは月20日以上勤務の場合)
福利厚生 社会保険、雇用保険、労災、有給休暇、産前産後休業、育児休業、介護休業、定期健康診断、eラーニング、ライフサポート(ベビーシッター、ハウスクリーニング、メチャカリなど)、カルチャー講座割引、優待施設
公式URL https://www.tempstaff.co.jp/

※2021年6月時点

テンプスタッフへ無料登録する

【2位 スタッフサービス】求人数が豊富!やりたい仕事がすぐ見つかる

事務職の経験者388人が選んだ派遣会社、第2位はスタッフサービスです。

スタッフサービスグループ全体の15万件以上(2023年9月3日時点)と、大手派遣会社のなかでも群を抜いています。

毎日新しい求人が入るため、希望条件に合う仕事が見つかるというわけですね。

「登録後すぐに仕事を紹介してもらえる」「たくさん紹介してくれる」「仕事の選択肢が広い」といった口コミが多いのも、求人数が多いスタッフサービスならではのメリットです。

大手リクルートのグループ会社で知名度が高いことも、人気の理由となっています。

■スタッフサービスの口コミ

  • 連絡が早く、たくさんの仕事をまめに紹介してくれる。契約終了後もすぐに次の仕事を紹介してくれる
  • 案件がどこの派遣会社よりも多い
  • 求人数、取引先企業数が多いことで有名な派遣会社。登録したその日に希望に合う企業を紹介、翌々日くらいに顔合わせ…とスムーズな流れで就職ができ、対応の早さに驚いた
〔出典〕独自アンケート調査
スタッフサービスの基本情報
運営会社名 株式会社スタッフサービス
対応地域 全国
労働者派遣事業許可番号 派13-011061
登録・面談方法 WEB登録・来社登録のどちらかから選択
交通費 交通費別途支給(規定あり)
福利厚生 社会保険、雇用保険、労災、リクルートグループ団体保険、有給休暇、産前産後休業、育児休業、定期健康診断、メンタルヘルスライン、eラーニング、提携スクール、キャリアカウンセリング、優待施設
公式URL https://www.022022.net/

※2021年6月時点

スタッフサービスへ無料登録する

【3位 パソナ】高時給・大手企業の求人を狙える

事務職の経験者388人が選んだ派遣会社、第3位はパソナです。

パソナは、「高時給で働けた」「大手・優良企業の事務職に就けた」との声も多く寄せられた派遣会社。

世界的メーカーや有名企業、大手金融機関、官公庁などの求人が豊富なのも特徴です。

派遣先の要求する事務レベルが高いケースもありますが、スキルに自信があってバリバリ稼ぎたい人には、やりがいのある仕事が見つかるでしょう。

とはいえ、もちろんスキルに合わせた仕事選びができるので、簡単な仕事からはじめ、徐々にレベルアップすることも可能です。

パソナは、パソコンスキルや語学の習得に役立つ無料eラーニングや各種研修、プロのコンサルタントによるキャリアカウンセリングなども充実しているので、向上心のある方にとっては満足度の高い派遣会社ですよ。

■パソナの口コミ

  • 時給の高い求人が多く、比較的大きな会社に派遣される。そのため、それなりのスキルは必要だが、良い環境でのびのびと働ける
  • 長年お世話になった。紹介先の企業はしっかりしたところが多く、派遣先でのトラブルの際にも親身になり、解決へと導いてくれた
  • セミナーが充実していて時給も高い。サポート体制もよく、案件も大手ばかり
〔出典〕独自アンケート調査
パソナの基本情報
運営会社名 株式会社パソナ
対応地域 全国
労働者派遣事業許可番号 派13-304674
登録・面談方法 Web面談と来社面談のどちらかから選択
交通費 実費支給(月額3万円上限)
福利厚生 社会保険、雇用保険、労災、有給休暇、産前産後休業、育児休業、定期健康診断、ストレスチェック、パソナキャリアカレッジ(eラーニング、提携スクール、キャリアコンサルティングなど)、パソナファミリー保育園(東京・神奈川のみ)、ベビーシッターサービス、パソナクラブ(趣味・教養)、ベネフィットステーション(旅行・レジャー)
公式URL https://www.pasona.co.jp/

※2021年6月時点

パソナへ無料登録する

【4位 リクルートスタッフィング】大手リクルートグループの派遣会社

リクルートスタッフィングは、知名度の高いリクルートグループの派遣会社。

そのため、企業からの信頼も厚く、大手企業・優良企業の求人を多く扱っています。

正社員入社が難しい大手メーカーや商社、IT業界、出版・マスコミ業界、大学などで働ける可能性もありますよ。

また、リクルートの社員と同等の福利厚生を受けられる点も魅力。

一般的な協会けんぽより保険料の安い「リクルート健康保険」に加入できるほか、年1回の健康診断と歯科検診も無料です。

質の高い人気の求人は競争率が高いため、こまめにサイトをチェックし、気になる案件が見つかったらすぐにエントリーしましょう。

■リクルートスタッフィングの口コミ

  • 高時給、大企業の派遣先が多くスキルアップにつながる
  • 福利厚生がしっかりしている。オンライン学習でパソコンやビジネスマナーなどが学べる
  • 大手なので、全体的な仕組みがしっかりしている。(職探しから就業までの流れや、派遣社員に配布されるマイページなど)同じ仕事でも、他社より時給が良い
〔出典〕独自アンケート調査
リクルートスタッフィングの基本情報
運営会社名 株式会社リクルートスタッフィング
対応地域 全国
労働者派遣事業許可番号 派13-010563
登録・面談方法 Web登録
交通費 実費支給(月額3万円上限)
福利厚生 社会保険、雇用保険、労災、有給休暇、産前産後休業、育児休業、定期健康診断(無料)、人間ドック(1万円)、歯科検診、eラーニング、OAトレーニング、各種研修、提携スクール、ベビーシッター割引サービス、優待施設
公式URL https://www.r-staffing.co.jp/

※2021年6月時点

リクルートスタッフィングへ無料登録する

【5位 アデコ】担当者のこまめなサポートが好評

アデコは、「スキルに合ったムリのない仕事を紹介してくれる」「未経験OKの仕事が豊富」といった声が多い派遣会社です。

  • 月に1回は担当者が職場に様子を見にきてくれる
  • 悩みを気軽に相談できる雰囲気がある
  • 何かあると派遣先ときちんと交渉してくれる

といった口コミも多いことから、働きやすい環境づくりを第一に考える『派遣スタッフファースト』の派遣会社であるとわかります。

またアデコは、OAレッスン・ビジネスマナー・英語といったスキルアップに直結する講座のほか、キャリアアップセミナーやコンサルティングも行っており、仕事への意識が高い人にとってメリットの多い派遣会社です。

派遣がはじめての人だけでなく、「派遣社員としてバリバリ働きたい」「スキルアップして自分を高めていきたい」という人も登録しています。

■アデコの口コミ

  • 無理なく合ってる会社を紹介してくれるし、働いてる間も私の話や意見も聞いてくれて働きやすかった
  • 希望通りのお仕事を紹介してくれた。また、月に一度担当者が面談に来てくれ、相談できる体制が整っているので安心して働けた。無料のパソコン教室があり、ワードやエクセルの基本操作を学ぶ機会も多かった
  • 専属のコーディネーターが、月に1回会社を訪問して悩みを聞いてくれる。派遣先でのアデコの評判がよく、長く就業している人がたくさんいた
〔出典〕独自アンケート調査
アデコの基本情報
運営会社名 アデコ株式会社
対応地域 全国
労働者派遣事業許可番号 派13-010531
登録・面談方法 Web登録
交通費 月16日以上の契約がある方に1ヶ月電車定期代が支給
福利厚生 社会保険、労災、有給休暇、産前産後休業、育児休業、介護休業、定期健康診断、eラーニング、保育・ベビーシッターサービス、カルチャー講座割引、優待施設、職業体験
公式URL https://www.adeccogroup.jp/

※2021年6月時点

アデコへ無料登録する

【6位 マンパワー】大手企業・大学事務の求人多数

マンパワーは、日本で最初に人材派遣会社をはじめた、創業50年以上の歴史と実績のある会社。

そのため派遣先からの信頼が厚く、大手企業や有名大学での事務求人が多数あります。

またマンパワーには、派遣先企業での社員登用が目指せる「紹介予定派遣」の求人も多いため、「将来は社員になりたい」という方の希望も叶います。

社会保険・有給休暇・キャリアカウンセリング・無料eラーニングなど福利厚生も充実していますよ。

■マンパワーの口コミ

  • 時給が高めなのが何より良い。また、派遣社員の希望を聞いて対応してくれる、働く前に情報を細かく教えてくれる、給料面や福利厚生など、色々なことがしっかりしていて安心
  • 老舗の派遣会社なので安心感がある
  • 無料でeラーニングが受けられる。今後必要になるスキルをあらかじめ学習するために、自宅で何度もeラーニングで勉強できるのは助かる。また、仕事について相談に行った際にエクセルやワードのテストを受けることができ、現在の能力を知ることができる
〔出典〕独自アンケート調査
マンパワーの基本情報
運営会社名 マンパワーグループ株式会社
対応地域 全国
労働者派遣事業許可番号 派13-315642
登録・面談方法 電話登録・来社登録
交通費 実費支給(規定あり)
福利厚生 社会保険、労災、有給休暇、産前産後休業、育児休業、定期健康診断、無料オンライン学習トレーニング、提携スクール、マンパワーグループクラブオフ(旅行・レジャー・グルメの優待サービス)
公式URL https://www.manpowerjobnet.com/

※2021年6月時点

マンパワーへ無料登録する

【7位 フルキャスト】簡単な事務職が多め

フルキャストは、短期・単発のお仕事が多い派遣会社。

ほかの派遣会社ではほとんど見かけることのない、1ヶ月単位で働ける短期事務派遣も扱っています。

物流センターや工場での簡単なデータ入力や書類作成、コールセンターでの受電&入力など、最低限のパソコンスキルでできるお仕事が多めなのも特徴。

事務職初挑戦の方や、パソコンスキルに自信のない方でもできる仕事がたくさん見つかりますよ。

またフルキャストは、給料の一部を前払いしてくれる「即給サービス」があり、申請をすると最短翌日に受け取れます。

お財布事情が厳しい方にもやさしい派遣会社です。

■フルキャストの口コミ

  • 大手の派遣会社で案件も豊富。連絡が取りやすく、安心して就業先に向かうことができた
  • お仕事をネットで簡単に見つけられる
  • 仕事は一杯ある。話もはやい
〔出典〕独自アンケート調査
フルキャストの基本情報
運営会社名 株式会社フルキャストホールディングス
対応地域 全国(北海道~沖縄まで)
労働者派遣事業許可番号 派13-010733
登録・面談方法 Web登録・来場登録
交通費 求人により別途支給
公式URL https://fullcast.jp/

※2021年6月時点

フルキャストへ無料登録する

【8位 パーソルエクセルHRパートナーズ】パナソニックグループで働ける

パーソルエクセルHRパートナーズは、パナソニックの人材パートナー会社で、パナソニックグループの仕事が豊富です。

パナソニックというと家電を思い浮かべる方も多いと思いますが、住宅事業、カーナビなどの自動車関連事業ほか、業種は多岐にわたります。

グルーバル企業であることから、英語のスキルを活かせる仕事が多いのも特徴。

また、派遣先に大手企業が多いため、駅チカの好立地オフィス、社食・カフェがあるおしゃれなオフィスビルなど、職場環境のよい求人も多いです。

充実の福利厚生もパナソニックHRパートナーズを利用する大きなメリット。

とくに、

  • 健康保険の本人負担が約4割(※)
  • 年1回の無料健康診断
  • 婦人科検診の助成金制度あり

など、充実した内容の「パナソニック保険組合」に加入できるのは、パナソニックグループならではの特権です。

※「パーソルエクセルHRパートナーズ」公式サイトより(2023年9月時点)

■パーソルエクセルHRパートナーズの口コミ

  • 紹介してもらった仕事は難しかったがやりがいもあった。何より、困ったときに相談にのってくれ、解決策を提示してくれたことがありがたかった
  • パナソニック系列の会社なので、福利厚生などもパナソニックと同じ。パナソニック健康保険組合に入れる
〔出典〕独自アンケート調査
パーソルエクセルHRパートナーズの基本情報
運営会社名 パーソルエクセルHRパートナーズ株式会社
対応地域 全国
労働者派遣事業許可番号 派27-010226
登録・面談方法 Web登録
交通費 登録されている住所から就業先までの通勤交通費を支給
福利厚生 社会保険、労災、パナソニック健康保険、有給休暇、産前産後休業、育児休業、定期健康診断、ストレスチェック、eラーニング、提携スクール、キャリアコンサルティング、優待サービス(リゾート施設・スポーツ施設)
公式URL https://persol-hrpartners.co.jp/

※2021年6月時点

パーソルエクセルHRパートナーズへ無料登録する

【9位 ランスタッド】スキルや経験を活かせるお仕事が見つかる

日本ではあまり知名度の高くないランスタッドですが、実はオランダに本社をおく世界的にも有名な人材派遣会社。

外資系の派遣会社であることから、外資系や大手商社といった英語力や英文事務、貿易事務のスキルや経験を活かせる仕事が豊富。

また、ランスタッドは転職支援も行っており、単発派遣から長期派遣、正社員へとキャリアチェンジしていくことも可能です。

■ランスタッドの口コミ

  • 直接雇用につながる仕事も多くある
  • 事務の仕事を多く所有しており、案件をまめに紹介してくれる
〔出典〕独自アンケート調査
ランスタッドの基本情報
運営会社名 ランスタッド株式会社
対応地域 全国(東北と北陸地方の一部、沖縄を除く)
労働者派遣事業許可番号 派13-010538
登録・面談方法 Web登録
交通費 実費支給(規定あり)
福利厚生 社会保険、労災、確定拠出年金、従業員株式購入制度、有給休暇、産前産後休業、育児休業、定期健康診断、クラブオフ(宿泊・レジャー・スポーツ・飲食施設優待)
公式URL https://www.randstad.co.jp/

※2021年6月時点

ランスタッドへ無料登録する

【10位 ヒューマンリソシア】スキルアップ支援に強い

ヒューマンリソシアは、資格取得や就職・転職の総合校であるヒューマンアカデミーと同じヒューマングループの人材派遣会社。

教育事業を行っている会社が母体なので、派遣スタッフへのスキルアップ支援にも強い特徴があります。

無料のOA講座のほか、CAD・WEBデザイン・プログラミングのオンライン講座、語学・カウンセラー・ネイルなど、ヒューマンアカデミーの通信講座を入学金無料+通常の50~60%の受講料で受けられます。(※)

派遣先には大手企業・優良企業も多いので、社員入社が難しい人気の会社で働くことも可能ですよ。

※「ヒューマンリソシア」公式サイトより(2023年9月時点)

■ヒューマンリソシアの口コミ

  • メーカーや病院、非営利団体などの大手企業・団体のお仕事が多い。私も、公益団体と病院の二ヶ所でお仕事させていただいた
  • 紹介予定派遣でお世話になった。派遣から正社員に無事登用していただけた
〔出典〕独自アンケート調査
ヒューマンリソシアの基本情報
運営会社名 ヒューマンリソシア株式会社
対応地域 全国
労働者派遣事業許可番号 派13-080176
登録・面談方法 Web登録
交通費 月額3万円上限(自宅からの直線距離が1kmを超える場合で公共交通機関を利用して通勤するとき)
福利厚生 社会保険、労災、有給休暇、産前産後休業、育児休業、慶弔休暇・慶弔見舞金、定期健康診断、ストレスチェック、キャリアコンサルティング、優待サービス(宿泊・レジャー施設)
公式URL https://resocia.jp/

※2021年6月時点

ヒューマンリソシアへ無料登録する

事務派遣で人気の職種ランキング

派遣社員として事務職をした経験のある388人に「事務派遣で経験した職種」を質問した結果をランキング形式で発表しています。

派遣 人気の事務職ランキング

ランキング1位に輝いたのは、「一般事務(276人/388人中)」でした。

一般事務は、未経験OKや最低限のパソコンスキルがあればできる求人も多いことから、事務職の登竜門となっています。

また、あらゆる事務職のなかでもっとも求人数が多いことも、選びやすい理由です。

2位は「営業事務(89人)」でした。

営業事務とは、忙しい営業さんに変わって事務全般をサポートする、いわゆる営業部における「縁の下の力持ち」。

資料作成やデータ入力、ファイリング、納期の管理、電話・来客応対など、さまざまな仕事を行います。

また、社内の人だけでなく顧客や業者さんとのやりとりをするケースも多いので、コミュニケーション能力も必要となります。

一般事務と比べると、仕事内容が多岐にわたり、忙しいケースも多いですが、営業さんにも顧客にも感謝されるやりがいの大きい仕事です。

営業事務の仕事内容の詳細について知りたい方は、「営業事務の派遣社員は仕事がキツイ?営業事務の仕事内容とおすすめ派遣会社」の記事も参考にしてみてください。

3位は「経理事務(49人)」でした。

経理事務の仕事をするには、「経験」または「簿記の資格」が必須になります。

経験も資格もないなら、まずは「簿記3級」を取得しましょう。

簿記3級をもっていると、経費精算や入出金の管理といった比較的簡単な経理事務の仕事に就けるようになります。

そこで経験を積み、次に「簿記2級」を取得するのが、経理事務においては王道のキャリアプランです。

簿記2級があれば、あらゆる業種・企業の仕事が受けられるようになり、就業先は選び放題になりますよ。

経理事務の仕事内容の詳細について知りたい方は、「経理事務の派遣社員が行う仕事内容・やりがい・おすすめの派遣会社も紹介」の記事も参考にしてみてください。

4位以下の順位は、4位「総務・人事事務(28人)」、5位「貿易事務(13人)」、6位「OA事務(11人)」、7位「受付事務(10人)」、同率7位「学校事務(10人)」という結果となりました。

派遣事務で働く際に役立つスキル&資格ランキング

派遣社員として事務職をした経験のある388人に、「実際に役に立ったスキルや資格はなにか」を質問した結果を次のランキングにまとめました。

派遣事務で働く際に役立つスキル&資格ランキング

ランキング1位は「パソコンスキル(341人/388人中)」と、全体の87.8%の人が必要と回答する結果に。

次いで2位「コミュニケーションスキル(139人)」、3位「電話応対スキル(56人)」と続きます。

4位以下の順位と具体的な回答もあわせてご紹介します。

【1位 パソコンスキル】エクセル&ワードは必須

事務職に役立つスキル&資格、第1位は「パソコンスキル」でした。

■パソコンスキルの口コミ

  • 何かと資料を作ることがあったので、エクセルは詳しいに越したことはない
  • Excelは難しい関数がわからないとしても、ある程度の仕組みは理解できていたほうがいいと思う
  • エクセル、ワードのほか、企業独自のソフトに対応するためパソコンに対する基本的な知識も必要
  • PCスキルは少しでも高いほうがいい。特に地方ではPCスキルの低い正社員も多いので、PCスキルの高い派遣社員は重宝される
〔出典〕独自アンケート調査

現在は「パソコンを使用しない事務職はない」といっても過言ではなく、とくに、エクセルの四則演算とワードの基本操作は必須と言えるでしょう。

会社によって任せられる仕事が異なるため、文字と数字を入力できれば十分というケースもあります。

しかし、VLOOKUP、ピボットテーブル、マクロなどが使えると、紹介してもらえる仕事の幅はグンと広がります。

上記を使いこなせることで派遣先で重宝された、時給が上がったという口コミもあることから、「ワンランク上の仕事がしたい」「仕事にやりがいを感じたい」という人は、取得しておくべきスキルと言えます。

また、パソコンに苦手意識がないことや、わからないことを自分で調べられるスキルも大切と言えます。

パソコン関係の資格をもっているかどうかは、正直あまり重要でありません。

ただし、「MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)」の資格があれば、パソコンを使える証明になるため、お仕事紹介時には有利になりますよ。

下記の派遣会社は無料でパソコン講座が受けられるので、パソコンスキルに自信のない方には、ぜひ登録して受講してみてください。

無料でパソコン講座が受けられる派遣会社一覧
テンプスタッフ

【公式】https://tempstaff.co.jp/

スタッフサービス

【公式】https://www.022022.net/

パソナ

【公式】https://pasona.co.jp/

リクルートスタッフィング

【公式】https://r-staffing.co.jp/

マンパワー

【公式】https://manpowergroup.jp/

パーソルエクセルHRパートナーズ

【公式】https://persol-hrpartners

ランスタッド

【公式】https://www.randstad.co.jp/

【2位 コミュニケーションスキル】質問すること&伝えることが重要

事務職に役立つスキル&資格、第2位は「コミュニケーションスキル」でした。

■コミュニケーションスキルの口コミ

  • 派遣として渡り歩くには、コミュニケーションスキルが高いに越したことはない。職場内での人間関係を円滑にできる人が重宝されると思う
  • コミュニケーションスキルがあれば、不足しているスキルがあっても、人に物事を教えてもらったり、お願いができたりするので一番重要かもしれない
  • コミュニケーションスキルさえあれば、あとはなんとかなる
〔出典〕独自アンケート調査

短いスパンで就業先が変わる派遣は、派遣先の雰囲気、仕事のやり方、ローカルルールに早くなじまないと、仕事が円滑に進まないからです。

※ローカルルール:特定の会社だけにのみ適用されるルール

具体的には「明るいあいさつ」「気配り」「わからないことを質問する」「自分の考えを伝える」などが大切になってきます。

なかでも重要なのは、質問するスキル。あいまいな理解のまま仕事を進めると、ミスを起こす恐れがあるからです。

どの事務職にも大切なコミュニケーションスキルですが、とくに社内・顧客・業者さんなどあらゆる方面との関わりがある「営業事務」には必須のスキルと言えるでしょう。

【3位 電話応対スキル】評価アップのチャンス

事務職に役立つスキル&資格、第3位は「電話応対スキル」でした。

■電話応対スキルの口コミ

  • 丁寧で正しい言葉使いで電話対応ができると、職場での印象がとても良い
  • 電話対応は一通り知っておいたほうがいい。事務職には不可欠
  • 「電話対応が丁寧でとても良い」とお褒めの言葉を頂いたことがある。電話対応に関する本はたくさんあるので、取りかかりやすいスキルアップとしてオススメ
〔出典〕独自アンケート調査

「データ入力のみ」などの特殊な事務職でなければ、電話対応はどの職場でも必ずあるからです。

あなたも電話口に出た人に対して、「すごく感じがいいな」と思ったり、逆に不愉快に思ったりした経験があると思います。

電話に出た人の対応は会社のイメージに直結するため、正しい敬語と丁寧で感じのよい話し方で取り次ぎができる人はそれだけで重宝され、派遣先からよい印象をもってもらえます。

「電話は苦手」「できれば出たくない」という人も多いと思いますが、慣れればそれほど大変なことではありません。

電話応対に苦手意識のある方は、無料ビジネス講座のある派遣会社がおすすめです。電話対応の基本を身につけられますよ。

無料でビジネススキル講座が受けられる派遣会社一覧
テンプスタッフ

【公式】https://tempstaff.co.jp/

スタッフサービス

【公式】https://www.022022.net/

パソナ

【公式】https://pasona.co.jp/

マンパワー

【公式】https://manpowergroup.jp/

パーソルエクセルHRパートナーズ

【公式】https://persol-hrpartners

ちなみに電話対応への自信がある方は、コールセンターで働くのも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

コールセンターの派遣仕事を探す場合、「コールセンターにおすすめの派遣会社ランキング」の記事も参考にしてみてください。

【4位 簿記】経理事務には必須

経理の仕事をするなら「簿記2級」は必須です。

■簿記の口コミ

  • 経理の仕事に就きたいなら、実務経験または簿記資格が必ず問われる
  • 営業事務だったが伝票処理の仕事もあった。簿記や会計の知識もあると、経理との話がスムーズになり役立った
〔出典〕独自アンケート調査

資格試験の勉強で得た知識が業務に役立つのはもちろん、資格の有無を求人への応募条件としている企業も多いからです。

また、経理に限らず「一般事務」「総務事務」「営業事務」などでも簿記の資格が有利になったとの声も多くありました。

中小企業では、すべての書類や雑務をこなす、いわゆる「なんでも屋」のような事務職もあるためですね。

これから簿記の資格取得を考えている方は、「合格者477人が選んだ簿記資格のおすすめ勉強法!使えるサイトやアプリも紹介」の記事も参考にしてみてください。

【5位 TOEIC・英検】外資系希望なら採用に直結

貿易事務、英文事務、翻訳の仕事がしたい方、外資系企業で働きたい方は、TOEICや英検が役立ちます。

■TOEIC・英検の口コミ

  • 英文事務ではTOEICの点数を重視された。仕事で英語を使いたいと思っている方は、ある程度のスコアを取得していた方が有利
  • TOEIC700以上あれば、外資系企業にも行きやすい
  • 貿易事務だったので、電話の取り次ぎ程度の英会話スキルは必要だった。
〔出典〕独自アンケート調査

とくに、日常的に英語でのメールや電話応対をする部署、社内に外国人が多い企業の場合は、TOEICのスコアで募集を区切っているケースも少なくありません。

英語を効率よく学びたい場合、「500人が選んだ!社会人の英語勉強法おすすめランキング|勉強へ取り組む際の注意点も解説」の記事も参考にしてみてください。

【6位 秘書検定/7位 ビジネスマナー】自信をもって働ける社会人の常識が身につく

派遣社員として事務職で働くのであれば、「秘書検定」の資格取得や、「ビジネスマナー」の受講がおすすめです。

■秘書検定・ビジネスマナーの口コミ

  • 会社には様々な年代の方がいるので、それぞれに適したコミュニケーションが取れるビジネスマナーはあったほうがよい
  • 事務の一般常識は秘書検定で学べるので、取得しておくと良いと思う
  • 貿易事務だったので電話の取り次ぎ程度の英会話スキルは必要だった。
  • 秘書検定準1級を取得してから、上司への的確なフォローができるようになった
〔出典〕独自アンケート調査

秘書検定は、必ずしも秘書になるための検定ではありません。

電話応対・来客応対・ビジネスメール・上司への対応など、社会人として働くうえで必要な常識や知識を学ぶための試験です。

資格取得や受講が有利になるのではなく、得た知識が実際に働くうえで役立つと思って下さい。

社会人経験のない方や、自分のビジネスマナーに自信がない人は、社会人として自信をもって働くために取得や受講をして損はないスキルや資格といえるでしょう。

事務職へ就きたい方におすすめな派遣会社の選び方

388人の口コミアンケート結果を元に、事務職に『おすすめの派遣会社』や『おすすめのスキル&資格』を紹介してきました。

しかし、実際に登録するとなったらどこの派遣会社を選べばいいか悩む人もいるのではないでしょうか。

「1位の派遣会社に登録しておけばいいのでは?」と考える人もいると思いますが、そうとも限りません。

派遣会社によっておすすめポイントが違うからですね。

そこで、事務職を探している人におすすめな派遣会社の選び方のコツを5つ紹介します。

1、事務職の求人数が多い派遣会社を選ぶ

まずはじめのコツは、事務職の求人数が多い派遣会社を選ぶことです。

求人数が多ければ選択肢も広がり、希望にあった仕事が見つかりやすいからですね。

また、求人数が多ければ一つの仕事に応募が集中することも少ないため、採用にも繋がりやすいですよ。

派遣会社の求人検索では、いろいろな条件を選べます。

求人を調べる際には、「勤務したい地域」や「一般事務」がいいのか「営業事務」がいいのかなどの条件を入れ、ヒットした求人数が多い派遣会社を選ぶようにしましょう。

また、今回紹介した派遣会社以外に地域密着型の派遣会社への登録もおすすめです。

大手派遣会社にはない地元優良企業の仕事を扱っていることもあり、お宝求人に出会えるチャンスもあるからですね。

登録する際には、働きたい地域にはどんな派遣会社があるのか確認してみてくださいね。

2、自分が希望する職種に特化した派遣会社を選ぶ

派遣会社を選ぶコツの2つめは、自分が希望する職種に特化した派遣会社を選ぶことです。

「事務職」といってもさまざまな職種があり、派遣会社ごとに得意としている分野が違うからですね。

たとえば、「貿易事務」や「英文事務」などの英語を必要とする事務職では、外資系の派遣会社が求人も多くておすすめ。

同じ理由で「医療事務」を希望するのであれば、「ニチイ学館」といった医療事務に強い派遣会社を選んでいきましょう。

「派遣会社ごとの得意分野なんてわからないよ」という方は、下記ページを参考にしてくださいね。

事務職の得意分野別におすすめの派遣会社一覧
もし他の職種も視野に含めている場合は、「おすすめの派遣職種ランキング!派遣経験者1000人を対象に口コミ調査」の記事を参考にしてみてください。

3、他都道府県の派遣会社も選択肢に入れる

県をまたいだとしても同じ県内に行くよりも通勤時間がかからずに行けるエリアってありますよね。

事務職はオフィスが集まっている地域に求人数が多い傾向があります。

派遣会社を選ぶコツの4つめは、自分が働きたい地域に隣接したエリアの派遣会社も選択肢に入れることです。

今までに見つからなかった事務仕事が見つかる可能性もあるからですね。

たとえば当社が拠点とする三重県鈴鹿市の場合、目立ったオフィス街は存在せず、事務職の仕事も少なめです。

しかし隣の愛知県の名古屋市には大きなオフィスを持った有名企業の本社や支店が多数存在するため、事務派遣の仕事も充実しています。

また、都道府県をまたぐだけで高時給のお仕事が見つかる可能性も出てきます。

なぜなら、都道府県ごとに決められている最低賃金時間額や、時給の相場も変わるためですね。

厚生労働省の地域別最低賃金全国一覧をチェックすると、三重県よりも愛知県のほうが「最低賃金時間額」は高くなっています。(※調査日:2022年1月10日時点)

許容できる通勤時間内で行けるのであれば、他府県の派遣会社も選択肢に入れる価値はあると言えるでしょう。

当サイトオリジナルの「各都道府県の派遣会社情報を検索できるツール」もご用意したので、ぜひご活用ください。

4、派遣会社は複数登録する

派遣会社を選ぶコツの最後は、派遣会社は複数登録することです。

例えば、当記事のランキングの結果1位の「テンプスタッフ」一社だけでなく、2位の「スタッフサービス」や3位の「パソナ」への掛け持ち登録も可能です。

複数登録することで、各派遣会社の良し悪しを比較できます。

用意されている求人案件はもちろん、用意されている福利厚生制度や営業担当者の対応などですね。

特に求人内容は要チェックです。

なぜなら派遣会社によっては、「独占求人(非公開求人)」を扱っていることもあるからですね。

上記理由から、複数の派遣会社に登録したほうが、様々な側面からメリットを得やすいと言えるでしょう。

派遣会社の複数登録については、「派遣会社は2~3社登録がおすすめ!複数登録のメリット・デメリットとは?」の記事を参考にしてください。

事務職向け派遣会社に関するQ&A

転職 よくある質問

派遣会社を利用する際に抱きやすい疑問・質問について解説していきます。

ぜひチェックしてみてください。

派遣社員として働くメリットは何ですか?
A.時間の融通をつけやすいこと、人間関係のトラブルが起きにくいことなどです

派遣社員は勤務時間が定められているため、残業は発生しないケースが多くなっています。

職場によって残業の可能性もありますが、派遣会社を通じて「残業不可」の申請をしておけば大丈夫です。

また、派遣社員は即戦力であることを求められるため、長期的な研修を受けることもまずありません。

上記の理由から、時間的な拘束は少ないと考えてよいでしょう。

また、給料は時給制ですので、サービス残業も発生しません。

さらに、1ヶ所の職場に留まることがないので、複雑な人間関係に巻き込まれる可能性も低いと言えます。

もし何かトラブルがあった場合も、派遣期間が終了すれば逃れることができますし、派遣会社に相談することも可能ですので安心して働けるでしょう。

事務経験がなくてもお仕事を紹介してもらえますか?
「未経験OK」の求人も多数あります

事務職は「未経験OK」の求人が多いため、接客業や販売職、作業系のお仕事などから挑戦する方も多数います。

事務職が初めての方には、特別なスキルを必要としないお仕事を紹介してもらえるので安心してください。

ただし、エクセルやワードなどの「OAスキル」を応募条件にあげている企業が多いため、パソコン操作が全くできないと、求人の幅はかなり狭まってしまいます。

派遣会社に登録する前に基本的なパソコン操作はできるように練習しておくことをおすすめします。

リモートワークができる仕事はありますか?
A.リモートワークができる派遣求人も増えています
大手の派遣会社では、リモートワークができる派遣求人の扱いも増えています。

リモートワーク(在宅勤務)には、以下3つの勤務形態があります。

  • 完全在宅勤務(フルリモート):勤務日すべてを在宅で働く
  • 一部在宅勤務:週または月に数回出勤し、残りの勤務日は在宅で働く
  • 基本在宅勤務:基本的には在宅で働き、必要な場合のみ出勤する

「フルリモートをしたい」「出勤回数を極力減らしたい」などの希望を担当者に伝えて、お仕事を探してもらいましょう。

当サイトの「リモートワークの仕事が見つかる|おすすめの派遣会社ランキング」の記事も参考にしてみてください。

パソコン操作に自信ありませんが仕事は見つかりますか?
A.どの職場でも基本的なパソコン操作ができることは必須です。あらかじめ練習をしておきましょう

今やパソコンを使用しない事務職はありません。

そのため、事務職自体が未経験であっても下記のような基本的なパソコン操作ができることは求められます。

  • ブラインドタッチ
  • メールの送受信
  • ワードでの文書作成
  • エクセルでの表作成や基本的な関数の使用

今は無料でパソコン操作を学べるWEBサイトやYou Tube動画が多数あるので、操作に自信のない方は練習しておきましょう。

パソコンスキルが上がると、紹介してもらえる仕事が格段に増えますよ。

扶養範囲内で働ける仕事はありますか?
あります。ただし、労働日数や時間に関わってくるので事前に希望を伝えておきましょう

まず第一に、扶養範囲内での労働を考えるならば収入の計算をしなければなりません。

2023年9月時点の扶養の目安である、年間103万円の収入を超えないためには、月収は平均8万5千円となります。

「時給2千円」で「1日実働8時間」とすると「日給は1万6千円」ですから、月に働ける日数は5日ほど。

週1日程度の労働となると、選択肢はかなり狭まってしまいます。

一方で、「一日2~3時間」「週に3~4日」のような働き方であれば、労働の需要もあり、かつ扶養の範囲内に収まります。

上記のような働き方を叶えるために、派遣会社に職場に対して「扶養内で働きたい」という旨をしっかり伝えましょう。

上記とあわせて、「【325名の口コミ】主婦(主夫)におすすめの派遣会社ランキング」の記事も参考にしてみてください。

小さな子どもがいるので時短で働きたいです
時短勤務の事務職もあります

派遣事務職の求人はフルタイム勤務が多い中、時短勤務のお仕事もあります。

「午前のみ」「14時まで」「16時まで」といった早上がり求人のほか、「10時就業開始」のような朝が遅い求人も。

登録の際に、時短勤務希望であることを伝えてお仕事を探してもらいましょう。

40~50代でもお仕事を紹介してもらえますか?
可能ですが、20~30代よりは紹介数が減る可能性はあります

法律上は年齢を理由に応募や採用を断ることは禁止されていますが、実際は20~30代に比べてお仕事を紹介してもらいにくい現実はあります。

年齢が高いと、「派遣先企業の社員が指示を出しにくい」「若手の多い企業だと社員との年齢差が出てしまう」「新しいシステムや環境に順応しにくい(と思われている)」といった理由から、同じスキルをもった人材であれば、若手の方が歓迎されるためです。

ただし、20~30代から継続して派遣のお仕事をしていている方、もしくは「簿記」「宅建」「語学」のような専門性の高いスキルがある方なら、40~50代でもお仕事を紹介してもらいやすいでしょう。

また、50代以上の派遣希望者は、「50代~60代のシニア向けにおすすめの派遣会社ランキング【求人数&口コミ調査】」の記事も参考にしてみてください。

派遣社員でも産休や育休って取れますか?
一定の条件を満たすことで、正社員と同じように取得できます

産休・育休は働くすべての人に取得が認められています。

雇用形態による制限はないので派遣社員であっても取得が可能です。

実際に、テンプスタッフスタッフサービスパソナといった大手の派遣会社では、「産休や育休がきちんと取得できた」という口コミも多く見られます。

ただ、派遣社員は3ヶ月、6ヶ月のように契約更新をしながら働くため、「契約更新なし」という形になって産休や育休を取得できないケースはあり得ます。

産休・育休を取得する可能性のある人が派遣先を決める際は、取得実績があるかどうかも確認しておくと安心です。

さらに詳しく知りたい方は、「派遣社員の産休・育休の取得条件は?いつから休めて、いくらお金がもらえるのかを知る」の記事の解説を参考にしてみてください。

登録したら必ずお仕事を紹介してもらえますか?
求人状況と希望のマッチングを目指し、適切なお仕事をご紹介します

派遣会社が紹介できる求人は、時期や地域などによって差があります。

また、派遣会社は登録者の希望に合った求人を紹介できるように検討しますので、あまりに希望条件が細かいと、迅速にお仕事を紹介できない場合もあります。

「これだけは譲れない」という希望条件を決めたうえで、その他の条件については比較的幅広く考えておくことで、仕事を紹介される可能性が高くなりますよ。

交通費は支給されますか?
派遣会社の就業規則により、通勤交通費が支給されます

2020年4月の派遣法改正により「同一労働同一賃金」が導入され、派遣社員にも通勤交通費が支給されることになりました。

交通費が実費支給になるか定額支給になるかは派遣会社によるので、必ず確認しましょう。

上記以外でわからない点があれば、「各派遣会社の公式サイトを調べる」「派遣登録会で質問する」「派遣担当者に相談する」のいずれか3つの方法で疑問を解決しましょう。

まとめ

経験者388人の口コミをもとに、事務職におすすめの派遣会社を紹介してきました。

「どの派遣会社がいいんだろう…」と迷ったら、実際に利用して「よい」と感じた人が多い派遣会社から選ぶとよいでしょう。

とくに下記の派遣会社ランキング上位3社は、利用者の満足度が高くおすすめです。

事務職におすすめの派遣会社
テンプスタッフ

【公式】https://tempstaff.co.jp/

スタッフサービス

【公式】https://www.022022.net/

パソナ

【公式】https://pasona.co.jp/

リクルートスタッフィング

【公式】https://r-staffing.co.jp/

アデコ

【公式】https://www.adecco.co.jp/

マンパワー

【公式】https://manpowergroup.jp/

フルキャスト

【公式】https://fullcast.jp/

パーソルエクセルHRパートナーズ

【公式】https://persol-hrpartners

ランスタッド

【公式】https://www.randstad.co.jp/

ヒューマンリソシア

【公式】https://resocia.jp/

派遣は、「求人の種類」「時給などの条件」「担当者の対応」を比較するために複数登録することが、常識となっています。

登録や利用に一切お金がかからないことはもちろん、いまは登録もWEBで簡単にできます。

気になる派遣会社があればぜひ気軽に登録してみてくださいね。


【本記事で利用したアンケート調査】

  • 調査対象:派遣で事務職をしたことがある方
  • 調査期間:2020年7月12日~25日
  • 調査方法:クラウドワークス、ランサーズによるアンケート
  • 調査人数:388人(女性327人/男性58人/未回答3人)

事務職おすすめ派遣会社ランキング 関連記事