フリーターの就職活動時に役立ったおすすめ資格と勉強方法ランキング【212人アンケート調査】

フリーターから正社員での就職を目指すとき、「何か資格を取得したほうがいいのかな」と考える人も多いのではないでしょうか。

資格をとれば、実務未経験でもスキルを証明できたり、就活時のアピールポイントへとつながりやすいです。

株式会社ビズヒッツ代表取締役 伊藤陽介
伊藤 陽介
…というわけでこんにちは。

株式会社ビズヒッツ代表の伊藤です。

今回はフリーターから資格を活かして就職した経験がある男女212人にアンケート調査を実施。

「就職活動時に役立ったおすすめ資格」と「資格取得におすすめの勉強方法」について聞きました。

【調査概要】

  • 調査対象:フリーターから資格を活かして就職した経験がある方
  • 調査日:2021年10月7日~28日
  • 調査方法:インターネットによる任意回答
  • 調査人数:212人(女性118人/男性94人)

回答数が多かった順におすすめランキング形式で紹介しています。

調査結果の確認が終わる頃には、フリーターが就職活動するうえで役立つ資格や勉強方法が明確にイメージできているでしょう。

お知らせ当記事の調査結果がYahooニュースに取り上げられました
フリーターの資格取得に関する調査がYahooニュース掲載

フリーターの就職活動時に役立ったおすすめ資格ランキング

フリーターから資格を活かして就職した経験がある212人に「就職に役立ったおすすめの資格は?」と聞いたところ、回答は以下の結果となりました。

上位8位までをランキング形式でご紹介します。

フリーターからの就職に役立つ資格

多くの資格が挙げられた中、ランキング1位になったのは「簿記(25人)」です。

2位は差が開いて「医療事務(12人)」、同率2位「介護職員初任者研修(12人)」と続きます。

では4位以降も含めた、それぞれの資格が役立った理由について、具体的な回答をもとに紹介します。

1位 簿記(25人)

フリーターが仕事に就く際に役立ったおすすめの資格1位は「簿記(25人)」でした。

※回答の一部を紹介

  • 経理職の応募資格で「実務経験がなくても2級を取得していれば可」という企業が多かったから(女性、就職時29歳)
  • 経理関係の仕事に就けたから(女性、就職時33歳)
  • 会計事務所の求人に応募するための必須資格だったから(男性、就職時41歳)

「応募するための必須資格だった」「仕事探しで有利になれた」といった声が寄せられています。

「事務職でアピールでき、反応も良かった」「未経験でも簿記の資格があるという理由で採用された」という人も。

「簿記2級以上」という条件をつけている会社もありますが、「3級でも有利になった」という回答も複数ありました。

簿記の基本情報

受験料 3級2,850円,2級4,720円,1級7,850円(各税込)
合格率 25%前後(2級)
平均学習時間 4~8か月(2級)
公式サイトURL https://www.kentei.ne.jp/bookkeeping

同率2位 医療事務(12人)

フリーターの就職活動時に役立ったおすすめ資格2位は「医療事務(12人)」です。

※回答の一部を紹介

  • 必須ではなかったが、やる気を買われて採用が決まりました(女性、就職時25歳)
  • 受付事務だけではなく、請求事務もできる人を募集していたからです(女性、就職時27歳)
  • 求人募集の必須資格だったから(女性、就職時36歳)

「応募に必須だった」「資格があると優遇された」という回答が寄せられました。

「資格スクールで医療事務の資格を取ると、就職先を紹介してくれるシステムだったから」という人も。

「経験者優遇の求人が多いなか、未経験からの応募だったので資格は必須と思い取得しました」という体験談もありました。

医療事務の基本情報

受験料 7,700円
合格率 約60~80%
平均学習時間 350~600時間程度、※通信講座の場合4~5ヵ月程度。 1日の学習時間が60分とすると勉強時間は200時間程度
公式サイトURL http://iryou-shikaku.jp/

同率2位 介護職員初任者研修(12人)

同じく2位に入ったのは、12人が回答した「介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級も含む)」の資格です。

※回答の一部を紹介

  • 持っていればある程度専門性があると思ってもらえるから(女性、就職時20歳)
  • 応募求人の必須資格だったから(女性、就職時25歳)
  • 持っている人を優先採用だったから(男性、就職時33歳)

「介護の仕事に応募するには必須だった」「必須ではないが優先的に採用されるから」といった回答が寄せられました。

資格を取ったことにより「姿勢が評価され、人間関係構築に役立ちました」という人も。

介護関係の資格では「ケアマネージャー(介護支援専門員)」「介護職員実務者研修」を挙げた人もいました。

介護職員初任者研修の基本情報

受験料 スクールの受講料に含まれており、再試験の場合でも講習期間内なら無料(有料でも3,000円~5,000円程度)
合格率 ほぼ100%
平均学習時間 130時間のカリキュラムを受講、通信講座の場合最短1ヶ月(上限は40.5時間)
参考サイトURL https://www.e-nichii.net/kaigo/kaigosyoninsya/about/

同率4位 調理師免許(10人)

4位にランクインしたのは「調理師免許(10人)」。

※回答の一部を紹介

  • 求人応募の必須資格であったから(男性、就職時24歳)
  • 新規オープンするイタリア料理店の店長として採用された(女性、就職時26歳)
  • 信頼度が高くなったから(男性、就職時32歳)

調理師免許は料理人として働くにあたって必須ではありませんが、職場によっては「応募の必須資格だった」という場合も。

「免許があったので優遇された」「手当が出た」という人もいます。

飲食関連では「ソムリエ」「野菜ソムリエ」という回答もありました。

調理師免許の基本情報

受験料 6,100~6,400円ほど
合格率 60%前後
平均学習時間 2週間~2か月(20~40時間)
公式サイトURL http://www.chouri-ggc.or.jp/chourishishiken/all_delegation/

同率4位 MOS(10人)

「MOS(Microsoft Office Specialist)」の資格も10人で同率4位に入りました。

※回答の一部を紹介

  • 勉強への熱意を評価してもらえた(女性、就職時22歳)
  • 実務経験はなかったが、パソコンが使える証明になった(女性、就職時24歳)
  • 関数が入ったエクセル必須だったので(女性、就職時53歳)

MOSはWordやExcelなどの利用スキルを客観的に証明できる資格です。

「応募に有利になった」「仕事に活かせるというアピールができた」という回答が寄せられています。

OA関係の資格では「ワープロ検定(3人)」なども挙がりました。

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)の基本情報

受験料 1科目の受験料:スペシャリストは9,800円(税別)、エキスパートは11,800円(税別)
合格率 スペシャリスト:約80%、エキスパート:約60%
平均学習時間 約80時間、 約2ヶ月
公式サイトURL https://mos.odyssey-com.co.jp/

同率6位 宅建(9人)

同率6位は「宅建(宅地建物取引士資格)(9人)」。

※回答の一部を紹介

  • 資格があると就職に有利だったから(女性、就職時25歳)
  • 不動産業界は求人数が多かったから(女性、就職時26歳)
  • 不動産業界ではこの資格があると厚遇されるから(男性、就職時28歳)

不動産取引にあたり「重要事項」の説明ができるのは宅地建物取引士だけなので、不動産業界ではニーズの高い資格です。

実際に「不動産業では有利」「不動産業界に入る時に好印象だったため」などの回答が寄せられています。

応募の必須資格にしている会社もあるようです。

宅建の基本情報

受験料 7,000円
合格率 約15%~18%
平均学習時間 500時間ほど
公式サイトURL https://www.retio.or.jp/

同率6位 TOEIC(9人)

同率6位のもう1つは「TOEIC(9人)」でした。

※回答の一部を紹介

  • 資格を持っていることで、英会話・英訳ができる証明になって役に立った(女性、就職時24歳)
  • 派遣社員としての時給がぐっと上がった(女性、就職時30歳)
  • 英語を用いる仕事だったため(男性、就職時40歳)

「外国人客を相手とする仕事だったので、英会話力が求められていました」「海外での仕事だったので」などの回答が寄せられています。

「TOEICスコアが応募に必須だった」という人も。

語学系の資格としては他に「英検(3人)」「中国語検定(3人)」も入りました。

TOEICの基本情報

受験料 7,810円(税込)
難易度 500点:比較的易しい
600点:普通
700点:やや高い
800点:高い
900点:非常に高い
990点満点:最高
1日の最低勉強時間 1日2時間、週末に1日5時間で、1週間に20時間くらい、 3カ月で約240時間
500点:450h
600点:700h
700点:950h
800点:1,225h
900点:1,550h
990点満点:2,000h
公式サイトURL https://www.iibc-global.org/toeic.html

同率8位 危険物取扱者(7人)

同率8位の1つ目は「危険物取扱者(7人)」の資格です。

※回答の一部を紹介

  • 給油所で管理者になれるから(男性、就職時18歳)
  • ガソリンスタンドで働く際に資格手当がつきました(男性、就職時30歳)

危険物取扱者は石油や薬品などの「危険物」を取り扱ったり、管理・点検したりするための資格です。

危険物取扱者の資格はいくつかの種類にわかれており、回答が多く寄せられたのはガソリンスタンドやビル管理で役立つ「乙種第4類(乙4)」。

「応募の必須資格だった」という人もいました。

危険物取扱者の基本情報

受験料 甲種は6,600円、乙種は4,600円、丙種は3,700円
合格率 危険物4およそ38%(乙1~3類、5類、6類の合格率が60%台)
平均学習時間 甲種(70~80時間程度)、乙種(40~60時間程度)、丙種(20~30時間程度)
公式サイトURL http://www.shoubo-shiken.or.jp/

同率8位 介護福祉士(7人)

同率8位の2つ目は「介護福祉士(7人)」の資格です。

※回答の一部を紹介

  • 介護福祉士であれば他の人より時給が100円高かった(男性、就職時30歳)
  • 求人の応募条件として有利だったから(男性、就職時38歳)

「必須資格だった」「介護職としての就職に有利だった」などの回答が寄せられました。

「介護の現場では有資格を求める傾向がある」という意見もありました。

介護福祉士の基本情報

受験料 15,300円
合格率 70%
平均学習時間 半年~3か月、1日2時間~3時間
公式サイトURL https://www.jaccw.or.jp/

同率8位 普通自動車運転免許(7人)

同率8位には「普通自動車運転免許(7人)」もランクイン。

※回答の一部を紹介

  • 営業職の必須資格だったから(男性、就職時22歳)
  • 中古車販売店で必要だったから(男性、就職時25歳)

「普通自動車運転免許が必須だった」という回答が目立ちました。

運転免許があれば仕事の幅が広がりそうですね。

「大型免許が役立った」という人も2人いました。

普通自動車運転免許の基本情報

受験料 3,800円(受験料1,750円・免許証交付料2,050円)
※自動車教習所へ通う場合は、各教習所ごとに料金は異なります。
合格率 70%~75%
関連URL https://www.keishicho.metro.tokyo.lg.jp/menkyo/index.html

同率8位 フォークリフト(7人)

「フォークリフト(7人)」の免許も同率8位に入りました。

※回答の一部を紹介

  • 資格手当がもらえたから(男性、就職時23歳)
  • フォークリフトに乗れば仕事の幅が広がったからです(男性、就職時27歳)

「物流の現場で資格が活かせる」「即戦力になれた」などの回答が寄せられています。

物流現場で活かせて、比較的短期間・低コストで取得できる資格なので、物流・倉庫業での就職を目指す人にはオススメです。

フォークリフト免許の基本情報

受験料 約2万〜4万円前後
合格率 90%
平均学習時間 35時間(講習のみ)
公式サイトURL https://www.komatsu-kyoshujo.co.jp/

フリーターに聞いた資格取得におすすめの勉強方法ランキング

続いて「資格取得におすすめの勉強法は?」と聞いたところ、回答は以下の結果となりました。

上位5位までをランキング形式で紹介します。

フリーター 資格取得のための勉強法

資格取得のための勉強法、ダントツで1位になったのは「独学(74人)」で、全体の3割強を占めました。

2位「資格・語学スクール(38人)」、3位「専門学校(23人)」、4位「通信講座(17人)」、5位「高校・大学で取得(15人)」と続きます。

6位以下には、「職業訓練」などの回答が寄せられました。

ではそれぞれの勉強法を選んだ理由について、具体的な回答をもとに紹介します。

1位 独学(74人)

フリーターに聞いた資格取得におすすめの勉強方法ランキング1位は「独学(74人)」でした。

※回答の一部を紹介

  • 試験の難易度的に独学で大丈夫だと思ったから(女性、就職時26歳、危険物取扱者)
  • 仕事をしながらスクールに通うことが難しかったので、独学で勉強しました(女性、就職時29歳、簿記2級)
  • その時はお金がなかったため(男性、就職時32歳、行政書士)

独学の理由は「お金がない」「スクールに通う時間がない」「独学でも合格できると思った」など。

「自分のペースで勉強する方が合っている」という人も。

独学の方法としては「過去問を解く」「書店で参考書を購入」などが挙がりました。

2位 資格・語学スクール(38人)

資格取得におすすめの勉強方法2位は、38人が回答した「資格・語学スクールで学ぶ」です。

※回答の一部を紹介

  • 独学では何をするべきかわからず、確実な方法だったため(女性、就職時22歳、MOS)
  • 短期集中で資格を取得したかったからです(男性、就職時26歳、簿記2級)
  • 独学では難しいと思ったし、スクールに通えば卒業後の就職に繋がると思ったから(女性、就職時27歳、ディスプレイコーディネーター)

「独学では難しいと思った」「通学することで勉強のペースを保てるから」「ハローワークの紹介で、通常より安かったから」などの回答が寄せられました。

「ひとりだとモチベーションが続かない」という人も。

資格取得後に就職先を紹介してくれるスクールなら、資格を活かせる就職に繋がりやすいというメリットもあります。

3位 専門学校(23人)

資格取得におすすめの勉強方法3位に入ったのは、23人が回答した「専門学校に通う」ことです。

※回答の一部を紹介

  • 学校へ行かないと取れない資格だった(女性、就職時21歳、歯科衛生士)
  • 資格取得の近道だと思ったため(女性、就職時29歳、ピアノ調律師)
  • 働きながらでも専門学校へ通学できたから(男性、就職時32歳、柔道整復師)

専門学校に通った理由としては「専門学校に通わないと取得できない資格だから」「一人では勉強を進められなかった」「専門学校に通うのが早いと思った」などが挙がりました。

また「親が『この業界の専門学校なら学費と負担する』と言ったので」という人も。

「日中はアルバイトをしていたため、夜間の学校に通った」という体験談もありました。

4位 通信講座(17人)

資格取得におすすめの勉強方法4位にランクインしたのは「通信講座(17人)」。

※回答の一部を紹介

  • 料金もそんなにかからないし自宅でできたから(女性、就職時22歳、登録販売者)
  • 他の仕事をしながらだったため、時間の自由がきく方法を選びました(男性、就職時35歳、宅建士)
  • 自分のペースで勉強できるから(男性、就職時41歳、FP)

「スクールに通うより安い」「添削サービスが利用できる」「自宅で勉強できる」などの回答が寄せられました。

「スクールに通う時間がなかったから」「自宅近くに学校がなかったから」という意見も。

「スマホによる映像講義が主だったので、いつでもどこでも学習できると思ったから」という人もいました。

5位 高校・大学で取得(15人)

資格取得におすすめの勉強方法5位は、15人が回答した「高校・大学で取得」となります。

※回答の一部を紹介

  • 一番の近道であり、確実だから(男性、就職時27歳、社会福祉主事任用資格)
  • 自力で取るのは無理なため(女性、就職時28歳、図書館司書)
  • 短大。看護師の資格を取るには学校に通うのが必須なので(女性、就職時33歳、看護師)

「時間はかかるけれど一番楽な道」「確実」「学校卒業が資格取得の条件だから」などの回答が寄せられました。

「通信制の大学に通った」という体験談もありました。

まとめ

フリーターから資格を活かして就職した経験がある男女212人にアンケートを実施したところ、「就職時に役立ったおすすめ資格」第1位は「簿記(25人)」でした。

簿記については「選考でアピールになるのは2級以上」と言われることもありますが、実際には「3級でも有利になった」という体験談もありました。

「資格取得におすすめの勉強方法」第1位は「独学(74人)」。

独学で勉強した理由は「アルバイトをしながらだと、独学がやりやすかった」「安上がりだから」などでした。

資格を取得すると自信がつきますし、熱意や真面目さのアピールにもなります。

気になる資格があれば、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

この記事が「就職に向けて資格を取ろうかな」と思っている方の参考になれば幸いです。