独学で取れた資格とおすすめの勉強法ランキング【男女500人アンケート調査】

さまざまな理由から「なんとか独学で資格を取りたい」と考えている人も多いと思います。

独学でも取りやすい資格には、どのようなものがあるのでしょうか。

また独学で資格を取ろうとしたとき、どんな勉強法が効果的なのかも気になりますよね。

そこで今回は独学で資格取得した経験を持つ男女500人にアンケートを実施。

「独学で取れた資格」や「おすすめの勉強法」について聞きました。

【調査概要】

  • 調査対象:独学で資格を取得したことがある方
  • 調査日:2021年9月7日~18日
  • 調査方法:インターネットによる任意回答
  • 調査人数:500人(女性321人/男性179人)

独学で取得した資格 属性

調査結果に対しては、回答数が多かった順にランキング形式にて紹介しています。

記事を読み終わる頃には、独学で取得できる資格が明確にイメージできていることでしょう。

【男女500人に聞いた】独学で取れたおすすめの資格ランキング

独学で資格を取ったことがある男女500人に、「独学で取得できた資格は何か」を質問したところ、回答は以下の結果となりました。

回答数の多かった上位10位までの資格をおすすめランキング形式で紹介します。

独学で取得した資格ランキング

独学で取得できたおすすめの資格ランキング、第1位は「簿記(78人)」でした。

多くの企業で必要とされているので、就職や転職にあたり取得を目指す人も多い人気の資格ですね。

続いて、FP(ファイナンシャル・プランニング技能検定、ファイナンシャルプランナー)と、TOEICや英検などの「語学系資格」が41人と、同率2位で並びました。

以下、4位「秘書検定(34人)」、5位「宅建士(30人)」、6位「危険物取扱者(26人)」、7位「ITパスポート(17人)」、同率7位「漢検(17人)」、9位「MOS(15人)」、10位「保育士(14人)」となっています。

通信講座で有名なユーキャンが行っている、『年間人気講座ランキング』でもランクインしている人気の資格が多数含まれています。

なお11位以下には「登録販売者」「介護福祉士」「メンタルヘルス・マネジメント検定」などが入っています。

また、数は少ないものの、「行政書士」や「保育士」などの国家資格を独学で取得したという人もいました。

ワンポイントアドバイス

何の資格を取るかイメージできていない方は、上記ランキングの中から候補を考えてみてはいかがでしょうか。

多くの人が実際に独学で取れている資格ばかりとなるので参考になりますよ。

上記以外にも、自分のレベルに合った難易度や、転職などに活かせるかを判断基準に別の資格を考えてみるのもおすすめです。

次の章では、独学で資格取得を目指す際のおすすめ勉強法について紹介しています。自分に合った勉強法を探してみてください。

【男女500人が選ぶ】独学での資格取得におすすめの勉強法ランキング

続いて、独学で資格取得できた男女500人に対して、「独学で資格を取るにあたって、どのような勉強を行いましたか?」という質問をしたところ以下の結果となりました。

回答数の多かった上位7位までを、『独学での資格取得におすすめの勉強法ランキング』として紹介します。

独学での資格取得方法

独学での資格取得におすすめの勉強法ランキング第1位は、「市販のテキスト(411人)」とダントツの結果となりました。

書店などでテキストを購入して勉強した人が『8割以上』を占めています。

2位以下はかなりの差が開いて「市販の問題集(143人)」、3位「ネットにある過去問(53人)」と続きます。

4位以下は、4位「資格学習アプリ(31人)」、5位「動画サイト(25人)」、6位「専門・学習サイト(22人)、7位「公式テキスト(19人」という結果となりました。

8位以下には、「家族や知り合いに助けてもらった」「合格者のブログを参考にした」などの回答が入りました。

では、上記にあげた「おすすめの勉強法」を選んだ理由について、具体的な回答とあわせて紹介していきます。

1位 市販のテキストを購入して勉強した

1位は500人中411人が回答した「市販のテキストを購入しての勉強」がランクイン。

「一冊を何度もやった」という人が多数を占める結果に。

「市販のテキストで勉強したあと、過去問や問題集に取り組んだ」「過去問のわからないところはテキストで確認しながら進めた」と、他の教材と合わせて勉強した人も多くいました。

以下、実際に寄せられた回答を紹介します。

回答者の声
  • 市販のテキストを1冊購入し、繰り返し勉強した(20代女性、FP3級を取得)
  • ネットで評価のいいテキストを検索し、それを勉強した(30代男性、危険物取扱者を取得)
  • 書店で一番安いテキストを購入し、通勤の電車の中で毎日読み、休みの日にノートをまとめた(40代女性、アロマテラピー検定1級を取得)
ワンポイントアドバイス

市販のテキストは何冊も購入しないようにしましょう。

どのテキストであっても資格取得に必要な最低限の内容は掲載されています。

テキストを読むだけでも時間はかかりますし、些細な違いに混乱しないためにも、1冊に絞ることをおすすめします。

また複数のテキストを用意すれば、インプットに時間がかかり、アウトプットになかなか進めないことにもなりかねません。

まずは1冊のテキストをざっと簡単に目を通し、全体を把握することからはじめてください。

2位 市販の問題集で勉強した

2位は500人中143人が回答した「市販の問題集で勉強した」でした。

テキストと一緒に問題集を購入したという人も多くなりました。

「仕事の隙間時間に常にテキストを読み、帰宅後はひたすら問題を解いた」「最初はテキストを読んで問題を解く。ある程度理解できたら問題集中心の勉強にする」などの工夫が寄せられています。

以下、実際に寄せられた回答を紹介します。

回答者の声
  • 試験が近くなったら、問題集を繰り返し解いて実践力を身につけた(20代男性、TOEICスコア885点)
  • 過去問題を何度も解くことに加え、市販の問題集を購入した(50代男性、日商簿記2級を取得)
ワンポイントアドバイス

問題集と一緒にテキストも購入することをおすすめします。

資格の勉強において問題を解くアウトプットは重要ですが、問題集でわからない箇所はテキストを活用することで理解力がアップするからです。

そして違えた問題は重点的に復習し、苦手な箇所は繰り返し問題を解くようにしましょう。

1冊やり切ることで出題傾向などが見えてくるので、何冊も並行して進めないようにしてください。

問題集の選び方は、勉強の進めやすさを重視すること。

問題と解答・解説が見開きで掲載されているものや、重要度や難易度が記載されていると勉強もしやすくてわかりやすいですよ。

3位 過去問をひたすら解いた

3位に入ったのは500人中53人が回答した「過去問をひたすら解いた」です。

「市販のテキストと問題集を購入しました。インターネット上の過去問も解いてました」「テキストを読み終えた後は、ネット上にアップロードされている過去問で勉強」など、市販のテキストなどと組み合わせて学習を進めた人が多いようです。

過去問集を買った人もいましたが、資格によっては「ネット上に公開されている過去問題をダウンロードした」という人も多くいました。

以下、実際に寄せられた回答を紹介します。

回答者の声
  • 全国の過去問をインターネットから印刷し解きました(20代女性、登録販売者を取得)
  • 半年間、市販の参考書で勉強した。残りの半年間は過去問をひたすら解いた(30代男性、司法書士を取得)
  • 過去問題掲載サイトを調べ、可能な限り印刷・ダウンロードして徹底的に過去問を解くことに専念しました(40代男性、第1種衛生管理者を取得)
ワンポイントアドバイス

資格試験の過去問は、過去5年~10年分を押さえておくといいでしょう。

出題傾向はもちろん、試験の範囲・問題数・時間などが把握でき、必要な知識や重点的に勉強すべき箇所もわかるからですね。

過去問集を選ぶ際は、ページを行ったり来たりする必要のない、一問一答になっているタイプのものを選ぶと勉強しやすいのではないでしょうか。

たとえば左ページに問題、右に答えと解説がレイアウトされているものなどが使いやすくておすすめです。

また、ネットに過去問が掲載されている資格もあるので、活用するといいでしょう。

4位 学習アプリで勉強する

4位は500人中31人が回答した「学習アプリでの勉強」です。

「アプリをインストールしてスキマ時間にとにかく解くようにした」「通勤時間はアプリ、帰宅後は問題集に取り組んだ」などの回答が寄せられています。

スキマ時間に場所を選ばず手軽に学習できるのが、学習アプリのメリットですね。

有料アプリを利用した人もいましたが、無料で提供されているアプリを使ったという人も目立ちました。

以下、実際に寄せられた回答を紹介します。

回答者の声
  • 通勤中はスマホのアプリで勉強(30代男性、宅地建物取引士を取得)
  • 携帯のアプリを入れて毎日繰り返し勉強した(40代女性、介護支援専門員を取得)
  • 過去問のアプリで勉強しました(50代男性、介護福祉士を取得)
ワンポイントアドバイス

通勤時間やスキマ時間などを使って学習したい人には、学習アプリをおすすめします。

スマホやタブレット1つで持ち運べるため、重いテキストなどを持ち歩かずにすみ、外出先でも手軽に勉強できるメリットがあります。

学習アプリと一口に言っても種類は多様です。

以下は学習アプリの種類と具体的なアプリとなります。

各資格専用の学習アプリ
動画などで講座受講できる学習アプリ
学習時間が記録できる勉強管理アプリ
試験日までのカウントダウンアプリ
撮ったテキスト画像などを暗記帳にできる暗記用アプリなど

いろんなアプリを組み合わせて勉強に活用してみてください。

5位 動画サイトの解説を観ながら勉強する

5位は500人中25人が回答した「動画サイトの解説を観ながら勉強する」がランクイン。

動画サイトには各資格に関連した動画が多く公開されており、それらを参考にした人も多いようです。

「TOEIC」「保育士」「簿記」「宅地建物取引士」「危険物取扱者」「賃貸不動産経営管理士」「秘書検定」「MOS」など、幅広い資格の勉強で動画サイトが活用されているとわかりました。

とくに実技が必要な資格であれば、動画で勉強できるのは助かりますね。

以下、実際に寄せられた回答を紹介します。

回答者の声
  • 実技の勉強は、動画サイトで解説している人がいたので、それを観て勉強しました(20代男性、小型船舶免許2級を取得)
  • 動画サイトで簿記を教えてる人がいたので、ひたすら観て解き方を覚えました。問題集を解いて理解できないところは動画を見直していました(30代女性、簿記3級を取得)
  • 受験年度の法改正点や試験問題の傾向予想などは、著名な講師の方の動画を観ました(40代女性、宅地建物取引士を取得)
ワンポイントアドバイス

動画には無料視聴できるものも多く、テキストよりも最新情報を得やすく、わからない箇所をあとから再生できるなどメリットもたくさん。

通勤時間やゴロゴロしながらなど、ラジオ感覚でざっと流し見する方も多いのではないでしょうか。

動画サイトの解説を視聴しながら勉強したい人は、『動画元の信頼性』に注意していきましょう。

誤った内容の動画で間違った知識を得てしまうと、資格試験の合格が遠のいてしまいます。

また、解説動画を観るだけではインプットのみとなるので、視聴しただけで勉強したと考えないように注意しましょう。

問題を解いたり書いたりといったアウトプットに向けた勉強も行うことが大切です。

6位 専門・学習サイトを利用して調べたり勉強する

6位は500人中22人が回答した「専門・学習サイトを利用して調べたり勉強する」でした。

「資格に特化したサイトを活用した」などの声が寄せられています。

「主にテキストで勉強し、わからない部分がでたらネットで調べた」といった回答が多く、「ネットのみ」で勉強したという人は少数でした。

以下、実際に寄せられた回答を紹介します。

回答者の声
  • ひたすらWebで「検定のコツ」や「ネイル検定問題集」を調べて学んでいきました(30代女性、ネイル検定3級を取得)
  • ネットの専門サイトを利用しました(50代女性、色彩検定3級を取得)
  • 本屋で参考書を購入して勉強。不明点はサイトで調べて補足する(50代男性、FP3級などを取得)
ワンポイントアドバイス

専門・学習サイトを利用する際は、ほかの学習方法と組み合わせて使うことをおすすめします。

サイトのみだと情報量が少なかったり偏りが出てしまう可能性もあるからですね。

たとえば、インプットに特化したサイトを使う場合は、アウトプットのために問題集などを購入して併用するといいでしょう。

独学ステーション』は、幅広い資格試験に対応した学習サイトなので、ぜひチェックしてみてください。

7位 公式テキストを購入して勉強する

7位は500人中19人が回答した「公式テキストを購入しての勉強」でした。

「公式テキストを丸暗記」などの回答が寄せられています。

試験を主催する団体が観光しているテキストや問題集を取り寄せて学習した人も多いとわかります。

資格によっては「試験の申し込み時にテキストがもらえる」という体験談もありました。

以下、実際に寄せられた回答を紹介します。

回答者の声
  • 公式のテキストと問題集で学習しました(40代男性、メンタルヘルス・マネジメント検定を取得)
  • テストを主催する協会のテキストを購入して勉強をした(40代女性、アロマテラピー検定を取得)
  • 京都・観光文化検定試験の公式テキストを購入し、覚えるまで読んだ(50代女性、京都・観光文化検定を取得)
ワンポイントアドバイス

公式テキストから出題される資格試験の場合、必ず手に入れるようにしましょう。

出題範囲がわかっているので効率的に学習できるためですね。

具体的には「色彩検定」「神社検定」などが該当します。

公式テキストは最新のものを購入するようにし、フリマサイトなどで過去のものを購入するのは避けたほうがいいでしょう。

問題傾向が変わっていたり、法律や制度が変更されている場合もあるからですね。

とくに公式テキストから出題されるアナウンスがない場合は、必ず購入する必要はありません。

公式テキストは値段が高かったり、ボリュームがある分、出題範囲がわかりにくいものもあるためですね。

自分が学習しやすいテキストを購入していきましょう。

【男女500人に聞いた】独学で資格の勉強することを選んだ理由ランキング

最後に、「資格スクール」や「通信教育」を利用せずに独学で資格の勉強することを選んだ理由について聞きました。

回答数上位5位までをランキング形式で紹介します。

独学で資格取得した理由

「独学で資格の勉強をした理由」第1位は、「資格取得にかける費用が安くすむ(249人)」でした。

スクールに通ったり通信講座を受講すると、まとまった受講費がかかることも多いですよね。

経済的な理由で独学を選んだ人が多いとわかる結果となりました。

2位は「独学で合格可能と判断した(211人)」、3位はかなりの差が開いて「まとまった勉強時間が取れない(92人)」、4位「自分のペースで勉強したい(49人)」、5位「通えるスクールがない(18人)」と続きます。

6位以下には、「独学のほうが効率良い」「独学が好き」などがあげられました。

ではランキングの結果とあわせて、具体的な回答を紹介します。

1位 資格取得にかける費用が安くすむ

1位は500人中249人が回答した「安くすむ」です。

「スクールや通信講座の受講費が高い」「お金をかけたくない」という理由で独学を選んだ人が多数。

「スクールに行きたかったが費用の捻出が難しく、独学になりました」など、やむを得ず独学に鳴ったという人もいました。

「当時は学生だったので、お金がなかった」「趣味に出費することへの心理的ハードルがある」という回答も寄せられています。

以下、実際に寄せられた回答を紹介します。

回答者の声
  • スクール等に通った方が合格の確実性が高いと思いますが、少しでも予算を抑えるために独学で取得しようと思いました(20代男性、ITパスポートを取得)
  • スクールに通うと金額が高く、払える余裕がありませんでした(40代女性、アロマテラピー検定を取得)
  • スクールや通信教育は費用が高いため(50代女性、FP2級を取得)
ワンポイントアドバイス

ネットを活用すれば、ほぼゼロ円で資格の学習ができる場合もあります。

無料で使えるオンライン学習サイトや、You Tubeなどの動画があるからですね。

また、今回紹介している資格ランキングは、テキストだけで勉強可能な資格が多数。

資格の勉強にお金をかけられない人は、ぜひ参考にしてください。

2位 独学で合格可能と判断した

2位は500人中211人が回答した「独学で合格可能と判断した」がランクイン。

「独学でも合格できると聞いた」「もともとある程度の知識があった」などの理由で、「独学でも合格できる」と考えた人も多くいました。

「理解しやすいテキストを見つけたので、独学で勉強できると思った」という人も。

「市販のテキストでやってみて、不合格なら通信教育を受けるつもりだった」という回答もありました。

以下、実際に寄せられた回答を紹介します。

回答者の声
  • さほど難しい資格ではなく、ネットでも「独学で取得可能」と出ていたのでスクールや通信教育は利用しませんでした(20代男性、FP3級を取得)
  • もともとパソコンが得意だったため、独学で十分だと考えた(30代女性、MOSを取得)
  • 大学で大気物理学を専攻したので、ある程度の知識があったから。ただ大学で勉強したこととは違う分野も多かったので、過去問やテキストで勉強しました(40代女性、気象予報士を取得)
ワンポイントアドバイス

独学での資格取得を目指したい人は、難易度の低い資格を考えてみてはいかがでしょうか。

難易度が高い専門性の高い資格や国家資格は、独学での合格は難しいからです。

その点、難易度の低い資格はテキストを読むだけで理解できたりもするため、独学で資格取得を狙うにはピッタリです。

資格の難易度がわからない人は、資格難易度ランキングや、実際に自分でテキストや過去問に目を通して判断してみるのもいいでしょう。

3位 まとまった勉強時間が取れない

3位に入ったのは、500人中92人が回答した「まとまった勉強時間が取れない」でした。

「スクールに通う時間がなかった」「通信講座も時間がとられる」などの意見が多く寄せられました。

時間がない理由としては「仕事しながらの資格取得だったから」と回答した人が多数。

ほかに「子育て中」「介護中」で時間がなかったという人も。

「スクールに通うためのシフトのやりくりができなかった」という回答もありました。

以下、実際に寄せられた回答を紹介します。

回答者の声
  • 仕事をしていて並行してスクールに通うのは大変だったので、スキマ時間で勉強しようと思いました(20代女性、英検2級を取得)
  • 会社員をしていたので、スクールなどに通う時間が確保しにくかったからです(30代女性、FP3級を取得)
  • 仕事が多忙だったので、通勤時間や時間に余裕のあるときにマイペースでできる独学を選んだ(60代以上男性、宅地建物取引士を取得)
ワンポイントアドバイス

まとまった時間のない人は、独学の勉強方法の中でもアプリを使った勉強がおすすめ。

スマホやタブレットさえあれば、いつでもどこでも学習できるので、移動時間やスキマ時間を使った学習が可能です。

講座受け放題の『オンスク.jp(iphone版Android版)』といったアプリや、モチベーション維持に使える『コソ勉(iphone版/Android版なし)』などの学習管理アプリの活用もおすすめです。

4位 自分のペースで勉強したい

4位は500人中49人が回答した「自分のペースで勉強したい」です。

「自分の好きなタイミング・ペースで勉強したかった」「独学だと、隙間時間に勉強できる」「通勤時間を有効活用したかった」などの意見が寄せられています。

レベルやカリキュラムが自分に合わない場合には、スクールや通信講座の受講が非効率になってしまうこともありえます。

目指す資格にもよりますが、ひとりでも目標を見失わず勉強できる人には、独学が合っているのかも知れませんね。

以下、実際に寄せられた回答を紹介します。

回答者の声
  • 自分のペースで落ち着いて取り組むことが、いいスコアを取るために必須だと考えたから(20代男性、TOEICスコア885)
  • 自分のペースで勉強した方が効率よく勉強できると思ったため(30代女性、リビングスタイリスト2級を取得)
  • 具体的な受験時期も決めず、自分のペースで学びたかったから(40代男性、危険物取扱者を取得)
ワンポイントアドバイス

自分のペースで勉強したいと思いながらも、自己管理に自信がない人は、『管理アプリ』などを活用してみてはいかがでしょうか。

学習時間が記録されたり、スケジュール管理が行えるので三日坊主を防止することもできます。

たとえば、学習が習慣化できる『継続する技術(iphone版Android版)』などのアプリですね。

もちろん、「スクールのカリキュラムが合わない」とか、「通える講座時間帯がない」という人にも独学はおすすめです。

5位 通えるスクールがない

5位は500人中18人が回答した「通えるスクールがない」がランクイン。

「近所・通える場所にスクールがない」「通信講座がなかった」などの理由で独学を選んだ人も。

また「WebSphere V6が出て最初の年だったためセミナーやスクールが一切存在しなかった」など、新しい資格でスクールなどが全くなかったという回答もありました。

以下、実際に寄せられた回答を紹介します。

回答者の声
  • メジャーな資格ではないため、スクールや通信教育が充実していなかった(20代女性、品質管理検定2級を取得)
  • 近くに勉強する場所がなかった(40代女性、韓国語能力試験1級を取得)
  • 秘書検定ができたばかりでスクールが存在せず、内容的にもさほど難しいものではなかったから(50代女性、秘書検定2級を取得)
ワンポイントアドバイス

通える範囲にスクールがなくても、通信やオンライン講座がないか確認しましょう。

大手の資格スクールは、通学コースだけでなくWEB・通信講座も用意しています。

最近では「資格の大原」のようにオンライン校があったり、生中継講義を実施している資格スクールもあるので、ぜひチェックしてみてください。

独学で取れた資格と勉強法アンケート調査のまとめ

男女500人にアンケート調査を行ったところ、「独学で取得した資格」第1位は「簿記」でした。

中には「難しい」「難関資格」と言われる司法書士や気象予報士に独学で合格した人も。

独学での勉強方法としては「市販のテキストで勉強」を挙げた人がもっとも多くなりました。

またアプリでスキマ時間に学習している人も。

独学を選んだ理由としては、スクールや通信講座よりも「安くすむから」と答えた人が多数。

「独学で合格可能だから」「時間がない」などの回答もあり、仕事をしながら独学で資格取得を叶えた人も多かったです。

ぜひスキルアップや転職を目指して資格取得のための学習を始めてみてはいかがでしょうか。