「とりあえず3年」は根拠なし?新卒3年以内に転職した理由とおすすめの転職方法

新卒3年以内に転職した理由 キャプチャ
  • 「新卒で入ったばかりだけど、もう辞めたい」
  • 「1年耐えたけど、人間関係に疲れたから転職したい」
  • 「入社2年、あと1年は我慢したほうがいいの?」

今の仕事が合わないと感じても、「とりあえず3年は働くべき?我慢せず転職したほうがいい?」と、迷っている人もいると思います。

「入社後すぐの転職は不利になるのでは」と考えたり、周りに相談しても「もう少し頑張ってみたら」「石の上にも3年だよ」とアドバイスされることもあるからですね。

しかし実際には新卒3年以内に転職してよかったと満足している人も少なくありません。

今回は新卒3年以内に転職した経験がある498人にアンケートを実施。

「新卒3年以内の転職理由」や「転職時は不利になるか」について聞きました。

【調査概要】

  • 調査対象:新卒3年以内に転職した経験がある人
  • 調査日:2021年6月29日~7月11日
  • 調査方法:インターネットによる任意回答
  • 調査人数:498人(女性328人/男性170人)

新卒3年以内の転職 属性

また、「新卒3年以内の転職時におすすめの転職方法」や、「転職で失敗しないための注意点」についても合わせて解説していきます。

目次

新卒入社から3年以内で転職した理由1位は「仕事内容が合わない」

まず新卒3年以内に転職した理由について聞いたところ、回答は以下のようになりました。

上位10位までをランキング形式で紹介します。

新卒3年以内で転職した理由ランキング

1位は「仕事内容が合わない」です。

2位以下には「人間関係が悪い」「勤務時間・休日への不満」が僅差で続きます。

現状への不満から転職を決意した人が多くなか、5位には「他の仕事がしたい」も入りました。

11位以下には「スキルアップしたくて」といった回答も入っています。

では具体的な回答を紹介します。

1位 仕事内容が合わない

  • 営業職が自分には向いていないと感じたので(20代女性)
  • 希望ではない部署に配属され、希望の職種に就くために転職した(30代男性)
  • 入社後に配属された部署があまりにも畑違いだったので、やる気をなくしてしまいました(40代女性)

「新卒3年以内に転職した理由」第1位は「仕事内容が合わない」でした。

「営業職が向いていないと感じた」「単調な仕事内容に飽きた」などの回答が寄せられました。

また「技術職で採用されたのに、営業に配属された」など、採用・入社時に聞いていた仕事ではなかったため転職したという人も。

「営業職採用だったのに倉庫の在庫管理に回された。3ヶ月我慢してと言われたが、1年経っても異動できなかったので転職した」という人もいました。

2位 人間関係が悪い

  • 当時の店長とどうしてもそりが合わなかったため(20代女性)
  • 上司の度重なるからかいに耐え切れなくなり、病気になってしまいました(30代女性)
  • 上司との関係が悪く、体調を壊してしまったため(50代男性)

2位になったのは「人間関係が悪い」でした。

「新人いじめや嫌がらせを受けた」「職場になじめなかった」という体験談が多数寄せられています。

人間関係が原因で体調を崩したという人も目立ちました。

また直接自分がいじめを受けたわけではないものの「社長と社員が毎日のように大声で怒鳴りあっていたから」「上司の先輩に対するイジメが度を越していたため」転職したという人もいました。

3位 勤務時間・休日への不満

  • 労働時間が12時間を超える日がほとんどで、夏休みもほぼなかったため(20代女性)
  • 出版社の編集部で毎日終電までの勤務。土日も撮影が入るなどプライベートの時間がまったく取れなかったため(30代女性)
  • 残業や休日出勤が多く、自分の時間がとれなかった(50代男性)

3位は「勤務時間・休日への不満」です。

「残業や休日出勤が多い」「休みがとりにくい」などの理由で転職した人も多数。

休みのとりにくさに関しては「有給休暇は病欠以外却下された」という体験談も。

「残業代で稼げたので給料は増えましたが、お金より時間が欲しいと思うようになりました」という人もいました。

4位 収入をあげたい

  • 転職先からのオファーで給料1.8倍を提示していただいたため(20代男性)
  • 正社員で初任給が手取り8万円と安月給だった(30代女性)
  • 経営不振で給料カットが続き、年収も落ちたため(40代女性)

4位には「収入をあげたい」がランクイン。

「給料が少ない」「業務量に見合わない」などの回答が多く寄せられました。

「社歴10年目の先輩の給与額を聞いて、このまま会社にいても稼げないと思った」という人も。

また売上減少や経営不振で給料やボーナスが減ってしまったため転職を決意した人もいました。

5位 他の仕事がしたい

  • 保育士をしている友人達の話を聞いているうちに、自分も保育士として働きたいと思い転職を決意しました(20代女性)
  • 簿記の資格を活かして、事務系の職種へ転職したいと思ったからです(30代男性)
  • もともと他に本命の会社があり、そこに入社するまでの繋ぎとして入ったので(50代男性)

5位にライクインしたのは「他の仕事がしたい」です。

「学生時代に取得した資格を活かしたい」「本当にやりたい仕事に挑戦したい」と転職した人も多いとわかります。

本命の職種に挑戦するため、働きながら資格をとった人も。

また「違う仕事をしてみたかった。若ければ若いほど転職しやすいと考えた」と、若いうちに転職しておこうと考えた人もいました。

6位 ハラスメントを受けた

  • セクハラと感じられる職場での上司の態度(20代男性)
  • パワハラ、モラハラに耐えられなかったため(30代女性)
  • 上司があまりに不条理な仕事ばかり押し付けてきて、そのパワハラぶりに嫌気が差して転職することに決めました(40代男性)

6位は「ハラスメントを受けた」でした。

具体的には「毎日理不尽に怒鳴られる」「激しく叱責される」など。

「ハラスメントが横行しており、身の危険を感じた」という人も。

また中には「社員旅行での混浴の強要」という、にわかには信じられないような体験もありました。

7位 将来に不安を感じた

  • 業界の不安定さ(20代男性)
  • 新卒入社の会社が業界的に下降気味になったこと(30代女性)
  • 働いていて自分の未来像がまったく見えてこなかったから(40代男性)

7位は「将来に不安を感じた」でした。

「会社の業績が下がっている」「業界全体が縮小傾向」など、会社の先行きが不安になり転職した人が目立ちました。

また「会社の取扱商品が変わった」「会社が日常的に法律違反をしていた」などの理由で不安を覚えた人も。

「長く勤務するイメージが湧かなかった」など、自分のキャリアを考えたときに不安に感じた人もいました。

8位 勤務地への不満

  • 通勤時間の長さです。往復3時間ほどかかっており、座れない満員電車だったのでしんどくなりました(20代女性)
  • 求人では転勤なしだったのに、突然の転勤を命じられた(30代男性)
  • 配属された勤務地が希望していた勤務地とかけ離れていたから(50代男性)

8位は「勤務地への不満」でした。

「当初聞いていた勤務地と違った」「勤務地が遠すぎた」などの理由が挙がりました。

また「転勤の頻度が多すぎた」「転勤なしのはずが、転勤しろと言われた」という人も。

「事業所が閉鎖になり、本社に転勤することになったから」と予期せぬ異動をきっかけに転職した人もいました。

9位 社風になじめない

  • 会社の人と価値観が合わなかったため(20代女性)
  • 親会社と統合され、親会社へ異動したら雰囲気が合わなかった(30代女性)
  • 組織体質が保守的で、職歴が浅いというだけで意見を聞こうという姿勢が見られなかったので転職を決断しました(50代男性)

9位は「社風になじめない」でした。

「社内の雰囲気が暗くて自分に合わない」「職場の風土に限界を感じた」などの回答が寄せられています。

中には「入社式の社長のスピーチから違和感を感じていました」という人もいました。

10位 引越しのため

  • 家を引っ越さなければならなかったので(20代男性)
  • 地元を離れて就職したものの、将来設計を考えるとやはり地元に帰りたいと考えるようになったため(30代女性)
  • 大阪で働いていましたが、結婚相手の住まいに合わせて東京の会社に転職しました(40代女性)

10位は「引越しのため」でした。

引越しの理由は「結婚」「海外移住」「Uターン」「趣味のため」「家族の介護」などさまざま。

また「寮生活が合わず、寮を出たくて転職した」という人も2人いました。

新卒入社から1年以内で転職した人が約4割

続いて「あなたは新卒入社から、何年(何ヶ月)で転職しましたか?」と聞いたところ、回答は以下のようになりました。

新卒からどれくらいで転職したか

4割以上が1年以内に転職していることがわかります。

半年以内に転職した人も20.1%と約2割。

「石の上にも3年」「転職するならとりあえず3年働いてから」とよく言われますが、もっと早い時期に転職している人も多いとわかります。

なかには「2週間で辞めた」という人もおり、理由は「ハラスメントと慢性的な残業」でした。

また入社1ヶ月で会社都合により解雇された人もいました。

新卒入社から3年以内の転職を不利と感じた人は34.8%

続いて「新卒入社から3年以内の転職を不利と感じたか」と聞いたところ、回答は以下のようになりました。

新卒から3年以内の転職を不利と感じたか

「不利と感じた」「まあ感じた」という回答は合わせて34.8%。

「あまり感じなかった」「全く感じなかった」と答えた人のほうが多くなりました。

「職歴が短いと不利」と言われることもありますが、最近では第二新卒専門の転職サービスなどもあるため、あまり支障を感じないのかもしれません。

なお転職した時期別に回答を比較してみると、以下のようになります。

期間別 新卒3年以内の転職を不利と感じたか

転職した時期が早いほど、「不利だと感じた」「まあ感じた」と答えた人が多くなりました。

ではどんな点で不利だと感じたのか、具体的な回答を紹介します。

新卒入社から3年以内の転職を「不利と感じた」人の理由

  • すぐにやめてしまった根性のない人だと思われるのか、面接で離職理由を深く追求をされたから(20代女性)
  • 社会人経験も乏しく、転職するには自分の強みとなるものがなかったため中途採用になかなか至らなかった(30代女性)
  • 面接で辞めた理由を聞かれ、否定的な意見を言われた(50代男性)

不利と感じた人からは、「アピールできるスキルや経験がない」「根気がないと思われる」「転職理由を詳しく聞かれる」などの回答が寄せられました。

「第二新卒という言葉もあるけど、まだまだ日本は1つの会社に長く勤めることを良しとする風潮がある」という意見も。

また「転職エージェントに登録しようとしたら、門前払いされてしまった」という人もいました。

新卒入社から3年以内の転職を「不利と感じなかった」人の理由

  • 第二新卒として採用してもらえたため、経歴より学歴やポテンシャルを見てもらえたから(20代女性)
  • 転職先が新卒入社後何年働いていたのかを気にせずに、スキルやコミュニケーション能力を評価してくれたため(30代男性)
  • 次の仕事は資格が必要な仕事だったので、資格さえ取ればすんなり就職できた(40代女性)

不利と感じなかった人からは、「資格があったから」「第二新卒枠で、人柄重視の採用だったから」「人材不足の業種だったから」などの回答が寄せられています。

「退職した理由がはっきりしていたため、不利とは感じなかった」「転職者が多い業界だから不利にならない」などの意見も。

「1社目で転職成功した」「新卒では絶対入れなかったであろう大手企業に入れた」などの成功体験を寄せてくれた人もいました。

新卒入社から3年以内の転職に満足している人は87.4%

最後に「新卒から3年以内に転職して、満足していますか?」と聞いたところ、回答は以下のようになりました。

新卒3年以内の転職に関する満足度

87.4%の人が「満足」「まあ満足」と答えました。

「3年以内の転職は不利」と回答した人の中にも「満足」「まあ満足」と答えた人は多数。

転職活動に多少苦労しても、結局「転職してよかった」と感じる人も多いとわかりますね。

新卒3年以内の転職時におすすめの転職方法

ハローワーク、求人情報誌、企業に直接応募する…など転職方法はさまざま。

そのなかで、新卒3年以内の方におすすめなのは、第二新卒のサポートを得意とする「転職エージェント」や「転職サイト」です。

第二新卒に強い転職エージェントや転職サイトを活用すべき理由

新卒3年以内で転職を考えている方は、「第二新卒」のサポートに強い転職エージェントや転職サイトを活用しましょう。

第二新卒とは、高校や大学を卒業して就職した後、3年以内で辞めた求職者のこと。

つまり、新卒3年以内で転職を考えている人は、「第二新卒」という区分になります。

通常、中途採用では、経験やスキルがあって即戦力になる人材が求められる傾向にあります。

一方で近年は、あえて経験の少ない第二新卒を欲しがる企業も。

■企業が第二新卒を採用するメリット

  • 他社のやり方に染まっていないため、新しい企業風土に馴染みやすい
  • 年齢が若いため、今後の伸びしろに期待できる
  • 新卒よりもビジネススキルがある

そのため、新卒3年以内で転職するなら、幅広い求人を扱うハローワークや求人情報誌より、「第二新卒を希望する企業」から仕事を探す方が効率的。

上記の理由から、新卒3年以内で転職をする方は、「第二新卒」の求人をメインに扱う転職エージェントや転職サイトを利用しましょう。

転職エージェントと転職サイトの違い

「転職エージェントと転職サイトはどちらがいいか?」は、どんなサービスを希望するかによって異なります。

転職エージェントは、キャリアアドバイザーがついてサポートをしてくれます。

一方転職サイトは、サイト内の機能などを活用しながら、基本的には自身で転職活動を行います。

転職エージェントがおすすめな人

転職エージェントは、「初めての転職で何をすればいいかわからない」「自分に合った仕事がわからない」という方におすすめです。

転職エージェントとは、仕事選びのアドバイス、求人の紹介、履歴書の添削、面接対策、面接日程の調整など、転職におけるあらゆるサポートしてくれるサービス。

転職希望者一人ひとりにキャリアアドバイザーがつき、マンツーマンで転職活動に伴走してくれます。

転職サイトがおすすめな人

転職サイトは、自分のペースで転職活動をしたい方に向いています。

転職サイトの場合、キャリアアドバイザーはつきませんが、経歴や希望を登録すると企業からオファーがきたり、希望にマッチした求人情報が届いたりします。

「WEB上で履歴書や職務経歴書の作成ができる」「診断ツールで自己分析ができる」といった機能があるサイトも。

大手の転職サイトでは、転職に役立つセミナーや転職フェアの開催もしています。

「基本的には自分で活動したい。でも転職に必要な情報はしっかり得たい」という方にピッタリです。

新卒3年以内の転職におすすめの転職エージェント

新卒3年以内で転職する方におすすめの「第二新卒に強い」転職エージェントを紹介します。

転職エージェントは、転職活動をプロにサポートしてほしい方向けとなります。

【マイナビジョブ20’s】転職後の定着率94.6%

マイナビジョブ20’sは、20代専門の転職支援サービスです。

20代の転職市場を熟知したキャリアアドバイザーが、丁寧なカウンセリングによるマッチングを行ってくれるため、入社後3ヶ月の定着率は94.6%。

「今度こそ長く働ける職場を見つけたい」という方にピッタリです。

またマイナビジョブ20’sは、「未経験OK」の求人が全求人の7割以上を占めています。

そのため、経歴やスキルに自信がない方、これまでと全く違う仕事に挑戦したい方にもおすすめです。

マイナビジョブ20’sのおすすめポイント
  • 20代専門の転職エージェント
  • 全求人のうち7割以上が「未経験OK」
  • 各業界に合った面接対策&書類添削あり

マイナビジョブ20’s公式サイトで無料登録

【UZUZ(ウズウズ)】独自の基準でブラック企業を徹底排除

UZUZ(ウズウズ)は、第二新卒・既卒・フリーターに特化した転職エージェントです。

UZUZでは、独自の基準を設け、求人先にブラック企業が紛れ込まないようにしているのが特徴。

  • 規定の残業時間を超えている
  • 離職率が高い
  • 会社都合の退職がある(ハラスメントなどの可能性あり)

といった企業とは、取引を行わず紹介もしないと公式サイトに明記しています。

新卒3年以内の転職では、「残業が多い」「休みが取れない」「ハラスメントを受けた」などの退職理由も多いため、UZUZの取り組みは安心につながりますね。

またUZUZは、創業者をはじめとする社員全員が「第二新卒・既卒」出身なのも特徴。

若い転職希望者に本気で共感できるエージェントが揃っており、ミスマッチのない職場への転職をサポートしてくれます。

ただし、第二新卒や既卒向けの求人に絞っているため、求人数はやや少なめ。

大手のリクルートエージェントなどと併用して利用するとよいでしょう。

UZUZのおすすめポイント
  • ブラック企業を排除する独自の基準を設定
  • キャリアアドバイザー全員が「第二新卒or既卒」出身
  • 入社半年後の定着率は96.8%

UZUZ公式サイトで無料登録

【リクルートエージェント】求人数20万件を誇る業界最大手の転職エージェント

リクルートエージェントは、20万件以上の求人数をもつ業界最大手の転職エージェントです。

20代に特化したエージェントではないですが、20代や第二新卒のサポート実績も豊富。

求人紹介はもちろんのこと、「転職の仕方がわからない」「自分が何に向いているのかわからない」という状況でも、キャリアアドバイザーが一緒に問題を解決してくれます。

また、「職務経歴書の書き方セミナー」「面接力向上のセミナー」なども随時行っており、会員の方は無料で参加できます。

「今すぐではないが、漠然と転職を考えている」という方にもおすすめの転職エージェントです。

リクルートエージェントのおすすめポイント
  • 圧倒的な知名度と求人数
  • 希望に合う企業を幅広く提案してくれる
  • 転職活動に役立つ無料オンラインセミナーを随時開催

リクルートエージェント公式サイトで無料登録

【ハタラクティブ】経歴や学歴に自信がない人におすすめ

20代で経歴に自信がもてない方におすすめなのがハタラクティブです。

ハタラクティブは、第二新卒だけでなく、フリーターやニートからの転職実績も多い転職エージェント。

利用者の2/3が正社員で働いた経験のない方となっており、「未経験に特化したサポート」を売りとなっています。

また、利用者の半数以上は高卒や専門学校卒なので、学歴に自信がない方でも気兼ねなく利用できます。

「未経験者や大卒以外だとあまり良い求人がないのでは…」と思うかもしれませんが、ハタラクティブ利用者の8割以上は社員数1,000人以上の大企業で内定を獲得。

内定率も80%以上と高水準を誇っています。

「企業にアピールできるようなスキルや経験がない」という方も、ぜひ利用してみてください。

ハタラクティブのおすすめポイント
  • 未経験者に特化したサポート
  • フリーターやニートからの就職実績も多数
  • 利用者の半数以上が高卒・専門卒

ハタラクティブ公式サイトで無料登録

新卒3年以内の転職におすすめの転職サイト

続いて、新卒3年以内で転職する方におすすめの「第二新卒に強い」転職サイトを紹介します。

転職サイトは、自分のペースで転職活動を進めたい人向けとなります。

【doda】転職に関する診断ツールが充実

dodaは全求人のうち4割が「第二新卒歓迎」。

職種・業種ともに未経験者歓迎の求人も多く、20代の若手でも希望に合った求人が探しやすいサイトです。

またdodaでは、「転職したい理由がぼんやりしている」「どんな会社で働きたいかわからない」といった方向けに、さまざまな診断ツールが用意されています。

■dodaの診断ツール(一例)

  • 年収査定(スキル・経歴から適性な年収がわかる)
  • キャリアタイプ診断(適した働き方や企業風土がわかる)
  • 自己PR発掘診断(自分のアピールポイントがわかる)
  • 人気企業300社の合格診断(人気企業の中から転職できる可能性のある企業がわかる)

診断ツールを使うことにより、転職の方向性がハッキリ見えてくるかもしれません。

登録後は上記のほか、職務経歴書を簡単に作成できる「レジュメビルダー」の利用、転職活動に役立つセミナーへの参加も無料。

転職活動が初めてで、何をすればいいかわからない方にもおすすめです。

dodaのおすすめポイント
  • 経験の浅い若手歓迎の求人が豊富
  • 転職に関する診断ツールが充実
  • 求人数は10万件以上

doda公式サイトで無料登録

【リクナビNEXT】日本最大級の求人データベースを保有

リクナビNEXTは、日本最大級の求人データベースを保有する転職サイト。

職種や業種も豊富で、「他社と比較して圧倒的に求人数が多い」「希望の職種・業界の求人を見つけやすい」との口コミも多く寄せられています。

20代に特化した転職サイトではないですが、研修やOJTなど新人育成体制の整った「第二新卒歓迎」の求人も多数そろっています。

またリクナビNEXTは、サイトやアプリの見やすさ、使い勝手の良さも20代に支持されています。

AIによるレコメンド機能や、企業からオファーが届くスカウト機能などにより、転職活動がスムーズに進んだとの声も。

レコメンド機能:登録情報や検索内容をもとにおすすめの求人が表示される機能

転職を考え始めたら、登録を検討して損はないサイトです。

リクナビNEXTのおすすめポイント
  • 日本最大級の求人データベースを保有
  • AIのレコメンド機能が秀逸
  • 企業からオファーが届く

リクナビNEXT公式サイトで無料登録

【Re就活】経験を問わないポテンシャル採用求人が多数

Re就活は、異業種転職を目指す20代・第二新卒をターゲットにした転職サイトです。

求人掲載企業の多くは、スキルや経験よりも「ポテンシャル」に期待していることから「未経験OK」の求人が大半。

研修制度が整っている求人も多いため、「パソコンスキルゼロから始められる事務職」「文系出身歓迎のIT企業」など、現時点のスキルを問われない仕事も多数見つかります。

登録後はサイト上で「適職診断テスト」が受けられるので、「自分の強みがわからない」「どんな仕事が合っているかわからない」という方は、ぜひチェックしてください。

20代向けの転職イベントも随時開催しています。

Re就活のおすすめポイント
  • 未経験歓迎の求人多数
  • 書類選考なしの求人もあり
  • 20代・第二新卒向け転職サイト

Re就活公式サイトで無料登録

新卒3年以内の転職で失敗しないための注意点

この章では、新卒3年以内の方が転職で失敗しないための方法を2つ紹介します。

1.やりたい仕事に役立つ資格を取得する

あなたがやりたい仕事に役立つ資格は、積極的に取得しましょう。

20代前半の場合、応募したい求人のほとんどは「未経験」だと思います。

しかし資格があれば、自分のレベルを証明しつつ、能力をアピールすることができます。

たとえば、ワードやエクセルなどの操作スキルを証明できる「MOS(マイクロソフトオフィス スペシャリスト)」を持っていれば…

「事務職の経験はないですが、オフィスソフトは問題なく使えます」

と言えます。

応募資格に「基礎的なPCスキルがある方」と書かれた企業も多いため、事務職を希望するなら取得して損はありません。

ほかに、英語関連の仕事なら「TOEIC」、事務職なら簿記、IT業界を志望する方には「ITパスポート」などもおすすめです。

転職に役立つ資格については、「転職に役立つおすすめの資格ランキング」の記事も参考にしてください。

2.転職活動に対して受け身にならない

転職活動をする際は、受け身にならないようにしましょう。

転職エージェントにしても、ハローワークにしても、仕事を見つけようと前向きに努力している人に対しては応援したくなるものです。

いつもエージェントからの情報提供を待っている人よりも、自分から「◯◯の求人は出ていませんか?」と聞いてきたり、「◯◯についてアドバイスを下さい」と相談してくる人の方が好感をもてます。

積極的な姿勢が担当者に伝われば、企業にプッシュしてもらえたり、良い求人が出た際に声をかけてもらいやすくなるでしょう。

転職サイトを使う場合も、

  • 企業の目に留まるようにプロフィール欄をキッチリ作り込む
  • 必要に応じてサイトが主催するイベントやセミナーに参加する

といった前向きな姿勢が大切です。

「最低限の登録だけして終わり」ではなく、内定を勝ち取るためにぜひ積極的に動いてください。

まとめ

新卒3年以内に転職した498人を対象にアンケートを行ったところ、転職理由で最も多かったのは「仕事内容が合わない」でした。

希望とは違う部署に配属されたり、任された業務が合わなかったりして転職を決意する人が多いようです。

一方で、新卒3年以内の転職が「不利と感じた」「まあ感じた」という人は全体の34.8%と少なめ。

転職に満足している人は9割近くにのぼりました。

新卒3年以内の方は、「第二新卒を希望する企業」から仕事を探すのが効率的でミスマッチも抑えられます。

そのために、第二新卒の求人を多く扱う転職エージェントや転職サイトを活用しましょう。

また、スキルに自信がない場合は、やりたい仕事に役立つ資格を取得して能力をアピールするのもおすすめですよ。