食品工場は何がきつい?向いてる人は楽しい・向いてなければ地獄

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
食品工場キツイ アイキャッチ
「食品工場って楽しそう。でもキツイって話も聞くし、実際どうなんだろう?」

と思っていませんか?

結論から言うと、食品工場は「向いている人には天国」「向いていない人には地獄」の仕事です。

当記事では、食品工場の仕事内容やキツイこと、働くメリット、向いている人と向いていない人について、経験者253人の口コミアンケート結果を元に解説していきます。

読めば食品工場についての疑問がすべて解決できますよ。

食品工場での仕事に興味のある方、食品工場の実情を知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

食品工場の仕事内容

食品工場の仕事内容

食品工場では、スーパー・コンビニ・ファミレス・ファストフード・和洋菓子店などで販売される食品を製造しています。

仕事内容は何を作る工場かによってさまざま。

具体的にどんな仕事をするのか、経験者に聞いたアンケートの一部を紹介します。

  • モンブランに乗ってる栗に寒天を塗る(21歳 女性)
  • ベルトコンベアにパン生地が流れてくるのでレーズンを乗せていく(20歳 女性)
  • 冷凍されたマグロを切る(19歳 女性)
  • ピーナッツの焙煎(33歳 男性)
  • パック販売されているお惣菜の盛り付け(23歳 男性)
  • 冷やし中華のパッケージにラベルが正しく貼られているかの確認(22歳 女性)
  • ベルトコンベアで流れてくる大福を目視で確認し、形が崩れているものを取り除く(23歳 男性)
  • 水産加工での鯖の下処理(22歳 男性)

他にも、肉や水産物の加工から、野菜や果物のカット、パンの成形、チョコレートの箱詰めまでいろいろな仕事があります。

そして、食品工場の仕事の特徴は、一人ひとりの仕事が細分化されていること。

たとえばファストフード店でハンバーガーを作る場合、バンズやパティを焼いて、チーズやケチャップを載せ、バーガー袋で包む、といった工程を一人で行いますよね。

一方工場では、「パンにハムを乗せるだけ」「生地に餡をのせるだけ」「袋に詰めるだけ」のように、一つの工程のみを担当するケースが多いです。

食品工場でキツイこと7選

上記の仕事内容を見ても分かる通り、食品工場の仕事自体は難しいものではありません。

むしろ「◯◯するだけ」の単純作業なので、楽そうにも思えますよね。

では、食品工場の何がキツイと言われているのでしょうか。

経験者253人にアンケート調査した結果を元に解説していきます。

食品工場でキツイこと

1.立ち仕事や同じ体勢が続いてキツイ

立ち仕事がつらい

食品工場のきつい点として最も多かったのは「長時間の立ち仕事や同じ姿勢が続く」という回答でした。

食品工場の多くは一日中立ちっぱなしで作業するため、疲れてしんどいという人は多いです。

また単純作業なので、「ずっと下をむいている」「腰をかがめる動作を繰り返す」など、同じ姿勢や動作を長時間続けることになります。

そのため、筋肉が凝り固まって首や背中が痛くなったり、腰痛になってしまったりする人も多いんですね。

  • 同じ作業が延々と続くので、体の特定の箇所に疲労がたまる(19歳 女性 おにぎりの仕分け)
  • 常に下を向いたままの姿勢でいるので肩や首がこる(38歳 男性 スイーツのトッピング)
  • 立ち仕事なので体力面で大変(19歳 女性 精肉の箱詰め)
立ち仕事や同じ体勢がつらい方は以下の方法で解決しましょう。
休憩時間にストレッチをする

首や肩・背中が凝る方は、休憩時間にストレッチをしましょう。

凝りは、同じ姿勢が続くことによる血行不良や筋肉の緊張が原因となって起こります。

「頭の上で手の平を組んで思いっきり伸びる」「背中側で手の平を組んで胸を張る」など、肩甲骨を動かすストレッチが効果的。

凝りが慢性化しないよう、自宅でもこまめに行うことをおすすめします。

慣れるまで我慢してみる

「立ち仕事で体力がもたない」という人も、数日間頑張ってみましょう。

普段使わない体力や筋力を使うため、最初のうちは誰でもぐったり疲れます。

しかし、続けていくうちに体が慣れ、苦にならなくなるケースも。

実際、ベテランスタッフのなかには、パワフルに働く年配の方も少なくありません。

「私でもバテバテになるのにすごいな…」と圧倒される若者も多いですが、継続すれば誰でも体力がつきます。

まずは体が慣れるまで、数日間頑張ってみてください。

座り仕事を選ぶ

体力に自信がない方は、「座り仕事」というキーワードを入れて求人検索しましょう。

食品工場は立ち仕事が多めですが、探せば座ってできる求人も見つかります。

たとえば、お菓子の箱詰め、不良品をはじく検品作業、ラベル貼りなどは、座り仕事もありますよ。

派遣会社を利用して、「座り仕事」に絞って仕事を探してもらうのもおすすめです。

2.作業が単調でキツイ

単純作業できつい

食品工場のキツイ点として、作業が単調なことをあげる人も非常に多いです。

食品工場では、できるだけ効率的に商品を作れるように工程が細分化されています。

そのため、「生地にあんこをのせるだけ」「パンにハムを挟むだけ」といった限定的な作業をひたすら繰り返すことになります。

簡単で覚えることが少ないのは食品工場のメリットですが、すぐに仕事に慣れるため飽きてしまうんですね。

時間の経過も遅く感じ、「頭がおかしくなりそう…」と思ってしまう人もいるようです。

  • 変化のない作業のため合っているか間違えているかわからなくなる(21歳 男性 弁当の食材詰め)
  • 時間の流れが遅く感じ、変化があまりなく退屈に感じる(26歳 女性 天然水の製造)
  • 単純作業の繰り返しで気が狂いそうになった(20歳 女性 ケーキの組み立て)
作業が単調で飽きる、時間の経過が遅くてつらいという人は以下の方法を試してみましょう。
作業にゲームの要素を入れる

単純作業を飽きずに行うコツとして、作業にゲームの要素を取り入れる方法もおすすめです。

【ゲーム要素の例】

  • タイムアタック方式で行う
  • リズムにのって(リズムからズレないように)行う
  • 限りなく正確に行う
  • 誰よりも丁寧に行う

ちょっとしたノルマや縛りをつくることで、「攻略したい」「失敗するとがっかりする」といった感情が生まれるため、飽きずにできます。

仕事は楽しんだもんがち。

退屈だな…と思ったら仕事に対するマインドを変えましょう。

工場以外の仕事に転職する

食品工場での単純作業がどうしてもつらいと思ったら、他の仕事に転職しましょう。

単純作業が合わない人は、どう頑張っても合いません。

合わない仕事を続けても毎日がつらいだけですし、自分の成長にもつながりません。

「単純作業」ではない仕事を選んで転職しましょう。

3.寒さや暑さがキツイ

工場寒い

食品工場で働く人からは「暑すぎる」「寒すぎる」という声もよく聞かれます。

工場内は食品管理に適した温度に保たれており、オフィスのように人間にとって快適な室温ではないからです。

たとえば、生鮮食品や惣菜・スイーツなどを扱う工場は、20度に満たないケースがほとんど。

とくに、魚介類・生肉・スイーツなどの生産ラインは冷蔵庫並みの温度なので、寒さが苦手な方にはつらいでしょう。

逆に、パンやお菓子を焼くオーブン近くや、加熱調理の作業は暑いです。

また、食品工場は長袖長ズボンの白衣、帽子、マスク、シールドなどで全身を覆うため、熱がこもって暑いという理由もあります。

  • 工場の中が冷蔵庫のような状態なので寒い(22歳 女性 冷やし中華の検品)
  • できあがった商品を冷凍する工程が寒いし手が冷たいしできつかった(18歳 女性 練り物の製造)
  • パン工場は熱がすごくて真冬でも汗が止まらないし脱水で倒れるほどの熱気(男性 39歳 パン工場)
食品工場における「暑い」「寒い」への対策を3つ紹介します。
寒さや冷えが気になるならカイロを貼る

工場内の寒さがつらい場合は、カイロを貼りましょう。

カイロは「貼った部分だけが温かくなる」と思っている人も多いかもしれませんが、実はそうではありません。

効果的な部分に貼れば、体全体を効率的に温めることができます。

おすすめは下記の部位です。

カイロを貼る場所

  1. 首(大椎):首の後ろの骨が出っぱっている部分は全身を温めるツボです。
  2. 背中(肩甲骨の間):肩周りが温まり筋肉のこわばりが和らぎます。
  3. お腹:寒さや冷えでお腹が痛くなる人におすすめ。
  4. 腰(命門):熱の貯蔵庫と呼ばれるツボで体が芯から温まります。ちょうどおへその裏側にあります。

カイロがあるとないでは大違い。ぜひ活用してみてください。

工場内が暑いなら保冷剤を活用する

「ユニフォームを着ていると熱がこもる」「暑くて熱中症になりそう」という人は、保冷剤をズボンのポケットに入れておくのもおすすめ。

太もも部分には太い動脈があるため、冷えた血液が全身を回って体温を下げることができます。

ただし、保冷剤は低温やけどの恐れがあるので、肌に密着させないよう注意して下さい。

求人応募の際に扱う商品をチェックする

求人に応募する際に、「何を作っている工場か」「どんな工程を担当するのか」をしっかりチェックしましょう。

商品や製造過程によっては、「暑すぎる」「寒すぎる」といった作業を避けられるからです。

例えば、焼き工程が暑くてしんどいと言われるパン工場でも、「生地の成形」「トッピング」「袋詰め」といった仕事であれば暑くありません。

一方で、冷凍食品を扱う工場や、海産物・生肉の加工工程などは室温が冷蔵庫並みに低いので、冷え性の方は避けた方がよいでしょう。

4.スピードや正確性を求められるのがキツイ

スピードがつらい

スピードや正確性を求められることも食品工場のキツイ点です。

ライン作業では、自分の遅れやミスでラインを止めてしまい、他の人に迷惑をかけてしまうプレッシャーがあるからです。

最初はついていくのに必死だったり、間に合わずに気まずい思いをする人も多いかもしれません。

  • ライン作業なので自分のペースで作業できなくかなり忙しい。ミスすると他の人まで中断させてしまうのでプレッシャーを感じる(17歳 男性 ハムの加工)
  • ベルトコンベアーで常に流れてくるから気が抜けない。まごついたら、あっという間に渋滞してしまう(18歳 女性 ケーキにいちごをのせる)
  • ベテランの人達の中に入ったラインだと、スピードが速くて本当に緊張する(47歳 女性 巻き寿司の製造)

ただ作業自体は簡単なので、数日経てば誰でもそれなりにこなせるようになります。

慣れるまでは必死に頑張りましょう。

ベテランの方に「ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします」と一言挨拶をしておくとよいでしょう。

また、「すごいですね。どうすればそんなに早くできるんですか?」などとコツを聞くのもおすすめ。

褒められて嫌な気分になる人はいませんから、コツを知れるうえに、多少うまくできなくても温かい目で見てもらえる可能性がありますよ。

5.臭いがキツイ

食材の臭い

臭いが想像以上にキツイというのも食品工場のあるあるです。

普段は「おいしそう」「食欲がそそられる」と感じるにおいも、ずっと嗅いでいると不快になるケースは少なくありません。

とくにキツイとの声が多いのは、海産物、肉、発酵食品、お惣菜、だしなど、生臭いものや臭いが強いもの。

また甘いものが苦手だと、チョコレートやパンなどの匂いで気分が悪くなる人もいます。

揚げ物やニンニクなどを扱う工場では、臭いが体に染みついてしまうこともあるようです。

  • 複数の食品を作っている工場だったため、様々な食材が入り混じったような独特なニオイが辛かった(27歳 女性 お好み焼き工場)
  • チョコレートの匂いで頭が痛くなった(21歳 女性 チョコの箱詰め)
  • 漬物特有の匂いが身体に染み付いて、帰宅ラッシュのときは申し訳ない気持ちだった(19歳 女性 漬物のパッキング)
食品工場のにおいが心配な方は、仕事を探す際に以下の点に注意しましょう。
自分の好きな食べ物を選ぶ

におい対策の基本は、「自分の好きな食べ物を扱う工場を選ぶ」ことです。

例えば「甘い匂いが大好き」「家でよくパンを作る」という方なら、製菓工場やパン工場での仕事はきっと楽しいものになるでしょう。

口コミでも、「お菓子の匂いの中で仕事ができるので、甘いもの好きには天国だった(男性 46歳 洋菓子工場)」といった声が寄せられています。

一方、避けたほうがいいのは苦手な食品を扱っている工場。

また、以下のように「食べるのは好きだけど、においはあまり好きじゃない」という食品も避けましょう。

【避けたほうがいい食品の例】

  • 納豆は好きだけど、人が食べている納豆のにおいは不快
  • キムチは好きだけど、冷蔵庫でにおいが充満しているとイヤ
  • お寿司は好きだけど、鮮魚売り場のにおいは苦手

「一日中嗅いでいても平気」という食品を扱う工場を選べば、快適に働けますよ。

加工ではなくトッピングや梱包の工程を選ぶ

煮る・焼く・蒸す・煎る・発酵させるなどの加工ではなく、トッピングや梱包などの工程を選ぶのもおすすめです。

食材は、火を入れたり調理したりするとにおいが強くなりがち。

加工済みの食材であれば、そこまでにおいは強くありません。

【においが気になりにくい工場作業の例】

  • ケーキにいちごをのせる
  • パンにハムをはさむ
  • パックにサラダを詰める
  • お団子を箱に詰める
  • おにぎりやお弁当のラベルチェック

6.重労働がキツイ

重労働がきつい

食品工場では、原料を運ぶ、機械に投入する、商品を入れたコンテナを積むといった力仕事もあります。

また、大きな機械や大量のコンテナを洗浄する仕事も重労働です。

軽作業のイメージで始めたものの、「想像と違って力仕事が多い」「腰に負担がかかる」などが理由で辞める人も少なくありません。

  • 製品の原料が重く腰をやられる(28歳 男性 チョコの成形)
  • 10~15kgほどの米を何度も持ち運ぶので体力を使う(22歳 男性 寿司のパック詰め)
  • 1日に大量のお菓子を製造するのでとにかく重労働(20歳 女性 和洋菓子の製造)
重労働を避けたい人は、求人情報の「仕事内容」をよくチェックしましょう。

下記の工場や工程は重労働の可能性があるので注意が必要です。

【重労働の可能性がある仕事】

  • 原材料(砂糖・塩・小麦・米など)を扱う工程
  • 野菜を加工する工場
  • 機械の清掃・洗浄

原材料を扱う工程では、10kg~20kgもある小麦や砂糖などを機械に充填するといった作業が多くなります。

また、漬物やキムチなど野菜を加工する工場も「野菜が水分を吸うので重くて大変」といった声が多く寄せられています。

重労働を避けたい方は、トッピング、検品、包装などの仕事を選びましょう。

7.衛生管理が厳しくてキツイ

衛生管理

食品工場で働く人からは、「衛生管理が厳しくて大変」「身支度が面倒」という声も多いです。

食品工場では、白衣や手袋の着用、キャップにしっかり髪を入れる、消毒など、飲食店よりはるかに厳しい決まりがあります。

そのため、「身支度に時間がかかるので早めに出勤しなければいけない」「頻繁な消毒によって手が荒れる」「ユニフォームで全身を覆うので夏は暑い」といった大変さがあるようです。

なかでも多かったのが「トイレ問題」。

トイレに行くと、白衣の着脱や消毒などをやり直さないといけないため、面倒と感じる人が多いようです。

  • 髪の毛一つ落とせないので重装備。工場の出入りにも消毒やコロコロで埃を取ったりしないといけないのでトイレに行くのも一苦労(39歳 男性 パン工場)
  • 爪の伸び具合や体温、作業服を着た際に髪が出ていないか等チェックが多い(30歳 男性 パンの袋詰め)

ただ、食品工場での厳しい衛生管理は必須。

万が一にも食品事故が発生すれば、罰金や営業停止だけでなく、店舗やブランドの大きなイメージダウンになるからです。

多少面倒でも、決められた衛生管理の基準・手順はしっかり守りましょう。

トイレに行くのが面倒な人は、コーヒー・緑茶といったカフェイン入りの飲み物を控えましょう。水分補給には利尿作用の低い水や麦茶がおすすめです。

また、体が冷えてトイレに行きたくなる人は、お腹や腰にカイロを貼って体を温めましょう。

食品工場で働くメリット

大変なことやキツイことが多いと言われる食品工場ですが、もちろんメリットもあります。

経験者253人に「食品工場で働いてよかったこと」を教えてもらいました。

食品工場のメリット

1.商品をもらえる/商品を安く買える

食品工場では作っている商品を無料でもらえたり、格安で購入できたりすることが多いです。

食材が余ったり、売り物にならない商品が出たりするため、「しょっちゅうお土産をもらえた」という声も。

お菓子、ケーキ、お惣菜、パン、野菜などをもらえるのは食品工場ならでのメリットで、お得感がありますよね。

また、昼食時に工場で作っているお惣菜やパンを食べられるところも。

食費を節約したい人にとって、弁当・惣菜系の食品工場はお得かもしれません。

  • 好きなお菓子が無料で食べられる(21歳 男性 お菓子の梱包)
  • 休憩室に味噌汁や日替わりのおかずが並んでて、好きなだけ食べられたこと(23歳 女性 コンビニ弁当の製造)
  • 形が悪い等の理由で商品にならないものを無料で貰えた(18歳 男性 冷凍コロッケの製造)

2.製造工程や衛生管理について学べる

食品工場では、ものを作る工程や衛生管理などを身をもって体験できます。

テレビで見るのと、実際に働くのとでは全く違いますから、工場勤務をしてから食品の見方が変わったという人も。

学生時代のアルバイトとして食品工場で働くことは、よい社会勉強になるのではないでしょうか。

これから製造業界や飲食業界で働きたいと思っている人にも、実際の製造現場を知ることは役立つでしょう。

また、包丁の扱い方や料理の知識などが普段の生活に役立っているという人も。

「単調でつまらない」などと言われる食品工場ですが、一生懸命取り組めば、たくさんのことを学べますよ。

  • 日頃食べている物がどのように扱われ、どのように届けられているか分かり良かった(25歳 男性 冷食の仕分け)
  • 食品衛生の最前線を経験できて、衛生面の厳しさを身をもって学べた(19歳 女性 漬物のパッキング)
  • 料理に使える知識が増えた(28歳 男性 材料の準備)

3.仕事が簡単でラク

食品工場の仕事は、同じ作業の繰り返しで、業務範囲も限られています。

そのため、「覚えることが少ない」「複雑な作業がない」といった意味では、簡単でラクな仕事と言えるでしょう。

マルチタスクや臨機応変な対応が苦手な人にはとくにおすすめ。

精神的な負担なく働けます。

慣れると何も考えなくても手が動くので、考え事をしながら作業していたという人も。

ルーティンワークやモクモク作業が得意な人には天職と言えそうです。

  • 仕事内容が単純なので慣れると勝手に手が動いてくれるのでラク(29歳 女性 お菓子の箱詰め)
  • 難しくないのですぐに仕事を理解できた(45歳 女性 弁当詰め)
  • ルーティンワークは得意なので、黙々と作業するのは楽しかった(16歳 女性 惣菜の製造)

4.人間関係がよい/人間関係が面白い

「工場は人間関係がギスギスしている」などとよく言われますが、それは工場に限ったことではありません。

実際、「職場のベテランさんが親切にしてくれた」「お母さん世代の人が多く、可愛がってもらえた」など、職場の人間関係に恵まれている人もたくさんいます。

また、外国人との異文化交流が楽しかったという声も目立ちます。

食品工場は外国人労働者も多いため、さまざまな国の人と出会えるためです。

「交友関係が、同年代や似た環境の人に限られがち」という人も、食品工場で働くことで出会いが広がるかもしれません。

  • パートのおばさん方がとても優しく、いろいろ助けてくれた(23歳 男性 惣菜の盛り付け)
  • 色々な年代・国籍の方がいたので、お話しするのが楽しかった(19歳 女性 お弁当のシール貼り)
  • 外国人が多かったのでいろんな言語を聞けて面白かった(20歳 女性 果物の加工)

5.人間関係が気楽

食品工場は人間関係が気楽と感じる人も多いです。

とくにライン作業は自分の持ち場が決まっているため、同僚と協力したり、上司に報連相をしたりする機会が少ないためです。

勤務中は各々がモクモクと作業に取り組むため、雑談しなくていいのも気がラクです。

マスクや帽子を着用して表情が見えないことから「相手の顔色を気にしてしまう」というコミュ障の方にとっても、働きやすい環境と言えるでしょう。

  • 淡々、黙々と作業に徹するので、周囲の人間との面倒なしがらみが少ない(19歳 女性 おにぎりの仕分け)
  • マスクや帽子もしてるので顔が分からないところ(21歳 女性 チョコレートの箱詰め)
  • 他人と深く関わらないので、対人関係でのトラブルは少ない(19歳 女性 弁当の惣菜詰め)

食品工場が向いている人・向いていない人

食品工場のキツイところやメリットについて解説してきましたが、ここからは食品工場の仕事が向いている人と向いていない人の特徴を紹介していきます。

食品工場の仕事が向いていない人の特徴3つ

食品工場向いていない

まずは「向いていない人」の特徴です。

下記に当てはまる人は、仕事が苦痛になって続かないケースが多いため、あまりおすすめできません。

1.飽きっぽい人

食品工場の仕事は単純作業。

フルタイム勤務であれば、1日7~8時間ひたすら同じ作業を繰り返すことになります。

また、作業中は場所を移動することもほとんどありません。

同じ場所で同じことを続けるのが苦手は人は、退屈さや変化のなさに耐えられなくなってしまいます。

2.おしゃべりが好きな人

食品工場では、与えられた仕事を各々がモクモクとこなします。

必ずしも全ての食品工場が「私語禁止」ではないですが、和気あいあいとおしゃべりしながら働く雰囲気でありません。

同僚とコミュニケーションを取りながら働きたい人、黙っているのが苦痛な人には食品工場は向きません。

3.衛生管理ができない人

食品工場は衛生管理にとても厳しいです。

そのため、指定された白衣を着て、髪はキャップにしまい、手洗い、消毒もしっかり行わなければなりません。

毎日、爪や髭などのチェックをする工場もあります。

衛生管理が面倒だと感じる人、清潔でない人は食品工場では働けません。

食品工場の仕事が向いている人の特徴4つ

食品工場向いている

続いて「向いている人」の特徴を紹介します。

以下の特徴に当てはまる方は食品工場の仕事に適性があります。

今すぐ、興味のある食品工場で働いてみてください。

1.モクモクとできる単純作業が好きな人

食品工場の仕事は、完全なる単純作業。

そのため、一つの作業をモクモクと行うのが好きな人にピッタリです。

電話応対や接客、仕事中に他の仕事を頼まれる、といったことがないため、自分の仕事だけに集中できますよ。

また、自分で「時間」「数」「完成度」などのノルマや縛りを作って作業できる人なら、お金を稼げるゲーム感覚で楽しめるでしょう。

2.人との関わりが得意でない人

工場でも、挨拶をしたり指示を受けたりといった最低限の関わりはあります。

ただ、接客業や営業職のように顧客対応はないですし、オフィスワークと比べてもはるかに同僚や上司との関わりは少ないです。

判断や思考が必要な難しい仕事もないため、与えられた仕事をきちんとこなせばトラブルが起こることもありません。

実際、人付き合いを避けたいという理由で食品工場で働く人も多いですよ。

3.食品工場やものづくりに興味がある人

食品工場やものづくりに興味がある人にとって、製造工程に携われるのはとても楽しいものです。

  • いつも食べているスイーツはこんなふうに作られているんだ
  • 冷凍食品ってこんな機械で作っているんだ

…などが知れて、ワクワクするのではないでしょうか。

工場見学が好きな人や、ものづくり番組がすきな人は、ぜひ実際に働いてみてください。

食品工場の裏側も見ることができ、話のネタにもなりそうですね。

4.食費を節約したい人

食品工場のなかには、工場で作っている食品を無料や格安で提供しているところも少なくありません。

当メディアが行ったアンケートでも、食品工場で働くメリットとして「商品をもらえたり、安く購入できること」を挙げている人が253人中87人いました。

昼食代が浮いたり、いつもスーパーで買っている商品が格安で手に入るのは助かりますね。

食品工場は向いている人には楽しくてやりがいのある仕事

食品工場の仕事はきついという声もありますが、仕事には向き不向きがあります。

「作業が単調」というデメリットも、マルチタスクや複雑な仕事が苦手な人にとっては「簡単でラクな仕事」というメリットになります。

また、「単純作業はやりがいを感じなそう」と思う人もいるかもしれませんが、

  • あなたが作った冷凍食品にいつも助けられているお母さん
  • あなたが作ったコンビニスイーツを自分へのご褒美として買う会社員

…そんな人達を想像すると、とても素敵な仕事だと思えませんか?

当記事を読んで「食品工場ってなんか良さそう」「自分に向いてそう」と思った方は、ぜひ挑戦してみてください。

お試しでやってみたい人は、数日間の「単発」、数週間~1ヶ月ほどの「短期」のお仕事もありますよ。

食品工場の仕事が見つかるサイト
派遣なら【働くナビ!(テクノ・サービス)】

「即日勤務可」の求人多数。座り仕事もあり
【公式】https://www.hatarakunavi.net/

パート・バイトなら【タウンワーク】

コンビニスイーツや有名飲食店の製造工場で働ける。
【公式】https://townwork.net/

正社員なら【リクナビNEXT】

日本最大級の転職サイト!希望の求人が見つかる
【公式】https://next.rikunabi.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加